マーラー(1860-1911)

CD Sym.5: Karajan / Bpo

Sym.5: Karajan / Bpo

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:32件中16件から30件まで表示

  • ★★★★★ 

    Abbadian  |  東京都  |  不明  |  2008年04月04日

     個人的に「マラ5」のCDとしては最高のものと評価している。(映像付では,アバド/ルツェルンの演奏が圧巻。)この演奏は,表面が美しいだけではなく(それだって凄いが),当時マーラーが不得意とさえ言われていたカラヤンが,マーラー作品の初録音に当たって,如何にこの曲のスコアを深く読み込んでいたかが分かる驚異的な演奏である。とても30年以上前の演奏とは思えない。BPOのアンサンブルにも,重量感と運動性を両立した凄みがあり,カラヤンの残した交響曲録音のベストの一つとして大いに推薦したい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    横浜遊園地  |  横浜市  |  不明  |  2008年04月01日

    一言で言うと、「かっこいい」、もう一言追加で言ならば「美しい」、そんな演奏です。もっともこれは、この時期のカラヤンの他の演奏にも言えることでしょうが、本当に1970年前後のカラヤンは凄かったですね。情念や苦悩(マーラー臭さ?)にどっぷり浸かりたいのでしたら他にもっと最適な録音があるでしょうが、マーラーの音楽を単に「音響」で楽しむにはこれがベストでしょう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    宇野候補  |  いばらき  |  不明  |  2008年03月22日

    ベルリンフィルはその後ハイティンク アバド ラトルが録音しているがどれもカラヤンを超えることできなかった。第5はこのきびきびした演奏のカラヤンとノイマン チェコフィルの温かい演奏のCDがあれば他いらない

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ぶひ  |  東京都  |  不明  |  2008年01月04日

    マーラーの良さがわかっていない者です。(ファン様すみません)演奏によっては飽きてしまい4楽章のみしか聴かずじまい。そんな私でも 5番はショルティ、バースタイン、テンシュテットを好んで聴いてます。さて、これはレビューを見て購入したもの正直、驚きました。一言、飲み込まれてしまいそうな素晴らしい演奏。美しさ、熱狂、苦悩、凄まじさ、静けさ、陰鬱等全ての感情が問答無用に押し寄せてくる。もし大響音で聴いたら数日間は音楽が頭を回って離れないでしょう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    としちゃん  |  宮城  |  不明  |  2007年12月17日

    この演奏は私にとって、ノイマンの新盤、バーンスタイン海賊盤、そしてショルティ旧盤と同列です。なんと颯爽として、かっこいい演奏なのでしょうか!聴かず嫌いだった音盤ですが、むしろ今出会うことができて幸せです。第4楽章に限らず、ギュルギュルと唸りをあげる弦楽器群の何と雄弁なことか。それぞれの流儀で、それぞれ極めた演奏が聴ける贅沢を、ただただ享受したいと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ∫(furtwangler)dx=感動  |  石川県  |  不明  |  2007年12月16日

    例によってゴージャスで輝かしいBPOの70年代前半のサウンド!!冒頭のトランペットから圧倒される。とにかくかっこよいマーラーの5番で,重々しい表現が皆無なのでやっぱりバーンスタインには勝てませんが3,4楽章などの音楽の持ってゆき方などはさすがだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    こうたん  |  秋田  |  不明  |  2007年10月10日

    今まで聞くこと・購入することを避けてきたカラヤンのマーラー録音。いやいや、聞かず嫌いでした(笑)避けていたことに後悔です!我が家に数多あるマラ5の中で最も格好良くひびきます。ベスト!(決してカラヤン愛好者ではありません )

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    しおりびじん  |  東京都千代田区神田多  |  不明  |  2007年09月17日

    73年の夏ザルツブルグ音楽祭でカラヤンが取り上げ大きく話題になった。日本ではその年の晩秋〜冬にNHKのFMでモノラル放送され、私はひとりこの演奏を聞き、徹底した磨き上げの美しさと、残虐な虐殺にも似た回想部分との対比が印象的で、聴きほれてしまいました!これはスタジオ録音ですが、いづれ実況録音も日の目を見ると信じています!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    I&W  |  JAPAN  |  不明  |  2007年09月01日

    13’04/15’09/18’05/11’52/15’29=73’39

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    のほほん  |  横浜  |  不明  |  2007年04月20日

    数は聞いてないですが、一番好きな演奏です。第4,5楽章もいいですが、第3楽章がいちばんじゃないかと。出だしのホルンからして、別世界ってかんじです。終楽章の最後の追い込みなんかも、もう現存の指揮者では無理じゃないでしょうか。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KS  |  兵庫  |  不明  |  2007年02月09日

    ヴィスコンティの映画「ベニスに死す」で使われた第4楽章は、カラヤン盤がつぼをガッチリ押さえていてピカイチだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    guinness  |  yokohama  |  不明  |  2005年12月16日

    これはでた時コテンパンに「駄目」と批評されたのを憶えている。ただ私は当時レコードで、このカラヤン版が一番感動した。特に4がくしょうから終楽章、フィナーレ。似た傾向?のCSOよりもカッコイイ!!!そう実に格好のいい演奏なのである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    bpo  |  神奈川  |  不明  |  2005年12月03日

    カラヤンの音作りが尋常ではなかったことがわかる名演奏録音。後のアバド/BPOと比較すると、徹底的に音の美しさを追求した真剣さ・努力・才能の差が歴然。指揮者により淘汰される録音と永久に残る録音があることを目の当りに出来る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Karajan讃  |  横浜市  |  不明  |  2004年12月23日

    カラヤンの具現力は素晴らしい。この演奏からは青白い炎が燃えているような印象を受ける。芸術家の内面の充実度がそのまま結晶化したような演奏。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    アントン・ミントン  |  八戸市  |  不明  |  2003年11月22日

    私はバーンスタインファンだが、この曲に関してはこれが好き。理由は完成度の高さと、カラヤンの美学が徹底されていること。速いところは速く、アダ−ジェットはじっくり美しく。フィナーレはゆっくりめの不動のテンポの上に壮大な音響が築かれ、と思ったらコーダでは限界まで果てしなく続く超絶的加速!!やはりカラヤンは‘70年代だ、と再認識。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:32件中16件から30件まで表示