Interface

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    フリップ ピーナス  |  岐阜県  |  不明  |  2006年02月23日

    オジェが参加した溶鋼炉からスタンバイまで持ってるけど スタンバイしか聞いてないなぁ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    匙批評  |  埼玉  |  不明  |  2006年01月06日

    KING CRIMSONからポップさと抒情性を排したような徹底ぶりに感動。フランスらしくクールさを貫徹しながらもおそろしく熱いロックダイナミズムの渦。これを聴いてしまったら新生KING CRIMSONは必要なくなる。飛ぶようには売れないだろうが、こんな素晴らしい企画を立ててしまうキャプテントリップには感嘆する。ちょっと筋は違うが品の少数精鋭さはアメリカのCUNEIFORMばり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    匙批評  |  埼玉  |  不明  |  2005年11月11日

    これは心臓が高鳴るばかりの最高傑作、ひとりでも多くのひとにこの醍醐味を味わって頂きたい、もちろん私はレコード会社のまわし者ではないのであしからず。ロック後進国だったフランスが最後に来て到達したヘヴィ(・プログレッシヴ)ロックの大名盤。おそろしくクール。いや、どうして重ねて力を込めているのかといえばフランソワ・オジェの天賦の才能、その炸裂するパーカッションにすっかり感動してしまったので。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    匙批評  |  埼玉  |  不明  |  2005年11月01日

    傑作“Stand By”をも凌ぐ最高作で、ともかくフランソワ・オジェのパーカッションが全編で息を飲む素晴しさ。シーケンサーに完全に伍するという常人離れした手腕でその鬼才ぶりは、あのジェイミー・ミューアを彷彿させる。忘れてならないのが、ゴーティエのジャジーなシンセ捌きで見事に曲と調和している。しばしばR・フリップ譲りといわれるピナスのメタリックでトーンを長く引くギターも、とりわけAで本領発揮。最高!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示