トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > Paganini / Saint-saens > パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番、サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 フランチェスカッティ

Paganini / Saint-saens

CD パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番、サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 フランチェスカッティ

パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番、サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 フランチェスカッティ

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2009年07月04日

    私はこれらの曲については本演奏のLPしか手元になく従って他演奏と比較してのコメントは出来ません。結論としては皆さん書き込まれている様なことに収斂するのでしょう。この二つの曲にはフランチェスカッティがその容貌も含め実に合いますね。万全の技術、甘いロマン性などこれ以上望めというのも無理な話に・・・。パガニーニの方はスコア通りだと通常50分位かかるところを慣例に従いかなりカット半減タイムです。第1楽章の最後の方長いカデンツァ的演奏から即曲を閉じるのも面白いです。次の楽章の歌いっぷり・・・圧倒的ヴァィオリンの表情。終楽章ヴァイオリンは相変わらずですがやや大雑把な曲に終わっています。オーマンディも良き伴奏指揮に徹底しています。サンサーンスの方・・サラサーテに捧げられた曲だけに丁寧な作品。第1楽章ヴァイオリンの伸びる音の美しいこと!、続く楽章はシチリアーノ風の穏やかかつ印象的な楽想とヴァイオリンのその表現、最後の楽章もレシタティーボからトレモロ情熱的主題が実に・・・途中若干弛緩するもそれは原曲の責で演奏の責ではありません。全体に特徴ある・・時として縦線も合っていない(合わせていない?)ストレート気味なミトロプーロス指揮と好対照なランチェスカッティの味わいの(曲と共に)ラテン系ブレンドが私には素晴らしく思えました。ただ曲自体の私の好みもあり満点からワンランク減じております。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示