トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > バルトーク (1881-1945) > ピアノ協奏曲全集 ツィマーマン、アンスネス、グリモー、ブーレーズ

バルトーク (1881-1945)

CD ピアノ協奏曲全集 ツィマーマン、アンスネス、グリモー、ブーレーズ

ピアノ協奏曲全集 ツィマーマン、アンスネス、グリモー、ブーレーズ

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (11 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★☆ 

    MusicArena  |  神奈川県横浜市  |  不明  |  2008年10月30日

    一番のツィマーマンが弾くピアノは随所で言われている通りまさにパーカッションだが、メロディアスな打楽器奏者、という感じでかなりイケている。二番のアンスネスはEMIの看板豪腕ピアニストという印象を払拭する繊細なタッチが魅力。何と言っても三番の宗教がかった二楽章を弾くエレーヌ・グリモーが素晴らしい。瞑想的であってしかし現実を見据えていて、彼女のF.Chopin葬送に通ずる「死にまつわる」求道的な演奏であるし、ブーレーズのタクトが氷のように冷たく冴え渡っているのは言うまでもない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    今日も晴れだね  |  暑すぎるけど‥  |  不明  |  2006年08月16日

    贅沢な企画だなあ。DGの看板ピアニストが3人並ぶ予定だったそうだが、2番を担当する予定の某ピアニストが余りにもどうしようもないので、アンスネスになったらしい。結果豪華なメンバーになったが、DGピア二ストの層の薄さが露呈してしまった。「バルトーク!!」を期待すると肩透かしだが、流石は元過激派的ブーレーズ、温厚な音楽を緩やかに流すが、急所は的確に押さえてあり数種類のリズムをさりげなく浮かせてみせる。それは現代音楽の騎手の立場を降りた彼の心象風景かも。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示