Sonny Clark

CD Sonny Clark Trio

Sonny Clark Trio

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★☆ 

    カワサキヤ  |  東京都  |  不明  |  2012年03月10日

    ソニー・クラークの代表的な名盤が丁寧なかたちでCD化されるとこは、慶賀に堪えません。わたくしが最初に買った30数年前の日本盤LPは相当なドンシャリでしたが、まさに隔世の感があります。何と言っても「マイナー・ミーティング」あの冒頭、スケールが上昇下降を繰り返すところ、すこし引き摺ったようなピアノが、まさにクラークならではの世界です。それはドラッグのせいなのか、あるいは彼の癖なのか、わかりませんが、足元の縺れるような、そして次の瞬間ハッと覚醒するかのような、ピアノがソニー・クラークです。ブルーノートの諸盤とは、似て非なる味わいの濃いところがこのタイム盤の魅力。ジョージ・デュヴィビエ、マックス・ローチというのがまた最高の顔ぶれです。限定復刻とは惜しい限り。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    少しコメント  |  不明  |  不明  |  2009年12月24日

    バーニー・グランドマンによるマスタリング、JVC横浜工場でのSHM-CDプレスに至るまで、こだわりの田口晃氏(XRCDの生みの親)がプロデュースし、全てにこだわり抜いたCDは内容・音質ともに素晴らしい。再発盤はこうあるべきという見本のような作品だと思います。オーディオ的にも高音質ですよ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ryo  |  長崎県  |  不明  |  2009年12月06日

     ソニークラークのアルバムの中でももっとも濃いものだと思います。  クラークのピアノを聴くならこのアルバムのほか無いでしょう。  音の粒がでかく硬い・・・けど尖っていない。  結構癖のある録音だと思いますが、非常にいい味を持っています。大好きなアルバムのひとつです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    星影のステラー・リージョンズ  |  宮城県  |  不明  |  2008年10月04日

    正直に、カミング・アウトすると、ピアノ・トリオのフォーマットにも、50年代のジャズ・ミュージックにも、結構、不感症気味だった俺。だけど、この作品の味については、ハッキリと、「美味しい」と言ってしまえる。 50年代のジャズ・シーンを、サキ・コロを中心に添えて、語ることを否定しないけど、マイルスの、モードの金字塔も、トレーンの巨人の歩みも、オーネットの有り触れたハーモニーの破壊作も、本作と、同じ誕生年。1・9・5・9。しかし、前述の三作ほど、カクシンセイなんて物を、あからさまにしてる訳じゃない。そんなことを想うと、逆に、更に愛おしくなる不思議なテイスト。俺は、この時の演奏を、B・エバンスのそれ以上に美味しいと感じていた。 

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    YD9000  |  神戸  |  不明  |  2000年06月19日

    大学時代の僕がjazzにはまるきっかけとなった作品。ソニークラークのトリオは、Blue Note版が有名ですが、僕は圧倒的にこちらがおすすめです。一曲目を聴いてガツーンとやられてください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示