トップ > 音楽CD・DVD > ジャズ > 武田和命 > ジェントル ノヴェンバー

武田和命

CD ジェントル ノヴェンバー

ジェントル ノヴェンバー

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (3 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:6件中1件から6件まで表示

  • ★★★★★ 

    晴耕雨読  |  大阪  |  不明  |  2009年03月23日

    その昔、某新☆堂から出ていたが ようやく高音質で再発されるとのことで慶賀と言えよう。個人的な最愛聴盤のひとつであり、滋味溢れる音色と美しい演奏に強張った心も解かれる気がする。是非共これはご一聴願えればと思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    風から風邪はから達ね。  |  不明  |  2004年02月03日

    ジョン・コルトレーンとソニー・ロリンズをまぜてハンク・モブレーを少し加えたような。しかし、極めて洗練された美しさを持ったサックスだ。山下洋輔のライナーにあるように、一曲目の『ソウルトレーン』の最初のサックスの響きには、その厳しさと美しさがにじみ出ている。全曲バラードで、少々残念な気もするが、、名盤。こんなにも素晴らしい音楽が埋もれているのはおかしいと思っていたが、ここのユーザーレビューを見て、意外と聴いてる人もいるのだな、と、納得。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ケージ  |  不明  |  2004年02月03日

    49歳でこの世を去った伝説のテナーマン、武田和命の最高傑作。日本にもテナー奏者は数多く居ても、武田のような美しいジャズを聴かせるプレイヤーは他にはいない。なかでもオリジナル曲「ジェントル・ノベンバー」は素晴らしいバラードで、歌心溢れるアドリブとキャノンボール・アダレイのような艶やかな音色が感動を呼ぶ。山下洋輔、森山威男のバックアップも素晴らしい。日本のジャズを聴くなら、この一枚は外せない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    山川坂は納屋等た  |  不明  |  2003年11月01日

    知る人ぞ、知る、伝説のテナー吹き・武田和命が残した唯一のリーダーアルバム。バラードのみを演奏したシンプルなアルバムで、サイドは同僚の山下洋輔、国仲勝男、森山威男という凄まじい顔ぶれ。名盤とは思わないが、素晴らしく美しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    葛飾区  |  不明  |  2003年10月30日

    山下洋輔は普通に弾くと結構パウエル派ナンダナと思った。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    三上工務店  |  不明  |  2003年07月13日

    音楽がすんで聞こえる武田唯一のリーダーアルバム。前半はコルトレーンゆかりのスタンダード、後半はオリジナルが収録されているが、どちらからもドロドロしたパワーではなく、美しい、優しさと厳しさがひしひしと伝わってくる、感動的な演奏だ。サックスの音も美しい。バックは山下洋輔、国仲勝男、森山威男という豪華メンバー。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示