トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ビゼー(1838-1875) > 歌劇『カルメン』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル、L.プライス、コレッリ、フレーニ、他

ビゼー(1838-1875)

CD 歌劇『カルメン』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル、L.プライス、コレッリ、フレーニ、他

歌劇『カルメン』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル、L.プライス、コレッリ、フレーニ、他

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★☆ 

    素浪人  |  能代  |  不明  |  2008年10月14日

    何者かの卑劣な陰謀で投稿を抹消されたが、矢張りこの値段は高過ぎる。クラシック音楽の愛好家は金持ちが多いのであろうが、僅かな金をこつこつ貯めて、やっとの思いで買う者も居るのだ。況してこの演奏は相当に長い間廃盤で、再発売を鶴首して待っていた人も少なくない筈だ。「ゴージャス」だの「高音質」だのも結構だが、先ずは一般の人が購め易い価格にすることが、再発売を怠って来た者の礼儀ではないか。それに是は元々優秀録音である。演奏は最高だが、上記の理由で評価を下げる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ホクトベングラー  |  山梨  |  不明  |  2008年05月21日

    プライス、コレルリと全盛期の歌手、しかもカラヤン、ウイーンフィル、そしてカルショー、夢のような組み合わせだ。これをSACDにした事に大変な意義がある。しかし第一幕の前奏曲を聴いて想像していたピラミッド状の音ではないこと、少し高音がきつい部分もあることがチョッピリ不満。カルショー物にはオテロ、アイーダ、そしてショルティーのワーグナー、ベートーベンとSACDで残さなければならないものがまだある。今回は良い機会だ。 それにしても値段は高過ぎる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    kuniko89  |  愛知県豊橋市  |  不明  |  2008年04月12日

    オーケストラの威力抜群。すばらしい音質で堪能できる。歌手陣は、タイトロールのプライスの癖の強い歌唱、ミカエラと云うには、些かデシャバリ気味のフレーニと、女声陣に問題ありだが、明瞭で力強い歌声は惹き付けられる。また演奏も然る事ながら、ブックレット、外装ともに高級感があり満足。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    haru  |  奈良県  |  不明  |  2008年03月16日

    LP盤で愛聴していました。この10,500円という値段は高いと思いましたが、初回限定プレス、「別冊日本語解説書2冊つき」それぞれ100ページと136ページ、SACDリマスタリング、それらの著作料が入ってこの値段ということでしょうか。で、買うかといえば、・・・腕組みして考えてしまう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示