Mendelssohn / Schubert

CD Sym.3 / 8: Klemperer / Bavarian.rso

Sym.3 / 8: Klemperer / Bavarian.rso

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (6 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    LFA  |  千葉県  |  不明  |  2021年03月03日

    クレンペラーのスコットランドは、フィルハーモニア管(1960/EMI)との録音が有名な存在であるが、バイエルン盤はそれを上回る名演と言える。 スケールの雄大で、音の彫りが深い名演である。、第4楽章の自作コーダで、悲痛な気分のまま曲を終わらせてしまっているところが、特に感動的である。リマスター版の再発売を切に希望する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ボール犬  |  兵庫県  |  不明  |  2004年05月18日

    基本的には骨太なドイツ的演奏。ただ、アクセントや抑揚のつけ方は個性的で、クレンペラーの作品に対する愛着を感じる。所々にミスがあるが、オケは指揮者の意図をよく理解していて、旋律には心がこもり、音楽は充実している。「クレンペラーのコーダ」も、男性的すぎる気はするが、この劇的悲愴の中での終結もいい。録音良好。クセになる名演。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KURO  |  福岡  |  不明  |  2003年07月07日

    こんな素晴らしい演奏は滅多に聴けないと思う。とにかく一度耳にすれば間違いなく虜になってしまう。少々のクセなど気にならない。クレンペラーの独壇場である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    cherokun  |  愛知  |  不明  |  2003年03月14日

    クレンペラーというと、遅いテンポで重たい演奏、というイメージがあって長らく敬遠していました。しかし、この「スコットランド」は、1楽章の初めを聴いただけで、この曲が特別大好きで、心をこめて演奏しているんだなぁ、ということがよくわかります。4楽章のコーダ(原曲よりいいとは思えませんが)も含めて、大変哀しく美しい演奏です。しかし、ちょっと長くて疲れます。もっと変化があれば・・・。むしろ「未完成」の方が、スリリングで聴き応えのある名演奏のような気がします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    fuka  |  横浜  |  不明  |  2003年02月08日

    思い出してはまた聴きたくなるので、結局何度も聴いてしまいました。音、イメージ、そこから引き出される独特の感興がそうさせたのです。40分がすぐに過ぎてしまいます。(確かにこのモードだと、通常の終奏では合わないかなあ。)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    fuka  |  横浜  |  不明  |  2003年02月01日

    以前から気になっていたので聴いてみました。寂しく、せつない、しかし美しいコーダでした。クレンペラ−自身も「非難されるだろうが正しいと信じている」と語ったとのこと。考証的には異論があるでしょうが聴く側としてはOKです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ふりっつ  |  松山市  |  不明  |  2001年07月09日

    寂し過ぎるほど寂しく、切なく、美しいスコットランド。クレンペラー作のコーダは、ちょっと「クセ」があるものの、曲の雰囲気を壊さないという意味ではやはり「オリジナル以上」。拍手は入っていませんが、たぶん、曲が終わってから拍手が始まるまで、かなりの「間」があっ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示