トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショパン (1810-1849) > ショパン:ピアノ協奏曲第1・2番 ツィマーマン/ポーランド祝祭管弦楽団

ショパン (1810-1849)

CD ショパン:ピアノ協奏曲第1・2番 ツィマーマン/ポーランド祝祭管弦楽団

ショパン:ピアノ協奏曲第1・2番 ツィマーマン/ポーランド祝祭管弦楽団

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:39件中31件から39件まで表示

  • ★★★★★ 

    七海耀  |  さいたま市  |  不明  |  2005年08月03日

    くねくね、メロメロのショパン。1番のオーケストラパートの改変はスクロバチェフスキーもやったし、2番ではマルグリット・ロンでバックをつけたクリュイタンスの例がある。ピアノの導入部でいきなりティンパ二がなる妙なヤツ。ところで、この演奏だが、所々粘りすぎて流れが悪かったりするが、私は好きだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    二人でクラシック  |  福島  |  不明  |  2004年05月23日

     ショパンのピアノ協奏曲第1番は、私にとってクラシックの原点に位置する曲で、なにを聴いても最後には、またここに戻る大好きな曲です。ただし、今まではアレクシス・ワイセンベルクの演奏で、でした。けれど、このCDを聴きながら自然に溢れる涙を止められない自分を発見して、吃驚しました。中年と呼ばれる年齢になりなお、何十年聴きなれた曲から、これほどの感動を与えられる。この1枚に出会えたことに、感謝します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヘルベルト・フォン・ベーム  |  神奈川県  |  不明  |  2004年04月26日

    久しぶりに感動する音楽に出会った。この演奏を聴いていると音楽のあちこちが人の声に聞こえるような気がするのは私だけだろうか?まるでショパンの音楽をよく知っている人から一音一音解き明かしてもらっているような幸せな時間…ポーリッシュのツィメルマンとオーケストラのメンバー。あなた方はこんなにもショパンを愛しているのですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    じんべい  |  なにわ  |  不明  |  2004年03月11日

    つづき・・・各パートに細かく指示を与え、テンポ、強弱、音色の指示も精密を極めています・・・よくここまでできるなあ・・・というのが正直な感想です。これもツィマーマンとオーケストラのメンバーの、自国の大作曲家ショパンに対する「強い思い入れ=愛」がなければここまでの演奏は成し得なかったのではないでしょうか?ショパンファン30年の私がこの演奏を今まで知らなかった・・・ちょっと恥ずかしい気がしました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    じんべい  |  なにわ  |  不明  |  2004年03月10日

    私は今までにショパンのピアノ協奏曲は、何十人のピアニスト&指揮者で聞いたことがありますが、この演奏はまるで別格!正直言って目から鱗が落ちました。ピアノパートのみならず、オーケストラの演奏でここまで細部にわたって、ひとつひとつのフレーズごとに「生々しい表情」を見せる演奏は他に類を見ません。しかもこの演奏内容のユニークさは、言葉で言い表せるようなものではないです。従来の演奏様式の常識を根本から覆すその破格のテンポ設定。普通の指揮者なら何となく流してしまう管弦楽の序奏や中間奏、伴奏のそれぞれに対して各パートに細

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    d'kurowa  |  東京  |  不明  |  2004年01月04日

    ピアノ、オケともに完全にツィメルマンにコントロールされて、現代には少なく思われる一時代前を思わせるようなロマンティックな演奏が繰り広げられる。2番では作為的過ぎると思ってしまうルバートも部分的に感じられるが、2曲ともこれまで数多くリリースされてきた録音の中では最も満足できる演奏。録音の質も高い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    デーブ  |  仙台  |  不明  |  2003年07月06日

    いわゆる弾き振りというのは、どこか本職でないところが出てしまうように思うのだが、このショパンはピアノもさることながら、ツィメルマンの指揮がすばらしいと思う。一番など、だいたいが序奏部の長い曲なので、冗長になりかねないものだが、このアルバムでは楽しませてくれる。感動の一枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ai  |  神奈川  |  不明  |  2002年01月25日

    これ以上の名演を聴いたことがない。この新鮮さ、歌、センス、どれをとってもかなうピアニストはいない。これだけ大胆な解釈をできるツィメルマンに心からの賞賛を送りたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    BUN  |  東京  |  不明  |  2001年01月15日

    ショパンに対するツィメルマンの思い入れがヒシヒシと感じられる名演奏だと思います。ルバートが極端で曲想の流れが停滞しがちに思える瞬間もあるけれども、それにしても濃厚なオケパートは圧巻です。ツィメルマンの若々しいピアノ演奏という点でジュリーニとやった旧盤も好

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:39件中31件から39件まで表示