Cubicq

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    Sleepy Hollow  |  神奈川県  |  不明  |  2012年10月23日

    イタリアの美しい曲と本人のオリジナルで構成されたピアノトリオ作品。アルバムのラストを飾る唯一のソロピアノ「Nuovo cinema paradiso」(ニュー・シネマ・パラダイス)では、まるでイタリア映画のワンシーンを見ている様で、ソロ作「All Alone」に収められている「Bukowsky」以来の感動でした。また「Cubicq」、「I should doubt in autumn」他の演奏も素晴らしく、ガラティの繊細で美しい内面を感じました。キース・ジャレット・ヨーロピアン・カルテットのパレ・ダニエルソン(b)、ウェザ−・リポートのピーター・アースキン(ds)、チック・コリア・エレクトリック・バンド(アコースティック・バンド)のジョン・パティトゥッチ(b)等、アルバム共演者の超ビッグネーム達が、こぞってガラティの実力に惚れ込んだと言うのもうなずけます。このトリオのベーシスト、アレス・タヴォラッツイも、イタリアを代表するトップ・ベーシストで、世界的なイタリアン・プログレッシブ・ジャズ・バンド「AREA」(アレア)のメンバーでした。このトリオ作品は、ソニースタジオで、日本を代表するエンジニア、鈴木智雄氏により録音され、2007年「スイングジャーナル」誌の録音大賞にノミネートされました。デジタル臭さと歪みを抑え、ワイドレンジで温かいアナログ的な音を敢えて創ったそうです。オーディオファンの間では、サウンドチェック用のハイクオリティCDにもなっているそうです。作品内容と高質な録音、一度に二つ楽しめるCDは中々ありません。最高傑作のピアノトリオ作品と言えます。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示