トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ムソルグスキー(1839-1881) > ムソルグスキー:『展覧会の絵』、シューマン:交響曲第4番、他 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル(1986年東京ライヴ)

ムソルグスキー(1839-1881)

CD ムソルグスキー:『展覧会の絵』、シューマン:交響曲第4番、他 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル(1986年東京ライヴ)

ムソルグスキー:『展覧会の絵』、シューマン:交響曲第4番、他 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル(1986年東京ライヴ)

商品ユーザレビュー

星2つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:6件中1件から6件まで表示

  • ★★☆☆☆ 

    ゆうこりん  |  銚子  |  不明  |  2007年06月20日

    ↓chaingさん貴重な情報ありがとう。(Thank you, Chaing, for your valuable information) チェリの最晩年のゆったりしたかんじが好みで、とくにEMIの展覧会の絵が一番のお気に入りだったものですから、ちょっとすくわれた気分です。私にとってはいろいろ思い出もある一番大事なCDだったものですから。これにくらべると、この来日記念盤は、温かみというか、やさしさが欠如していて、聞いててつらいです。もっと自然体で指揮できるようになったのはもうすこし後になってからではないでしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    カローク  |  テルアビブ  |  不明  |  2007年06月14日

    演奏内容を譜面で裏づけられるかどうかを問うことは頓珍漢です。チェリが草葉の陰でないているのでやめませう^^別にチェリファンではないけど・・・あまりに不憫なので。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    カローク  |  テルアビブ  |  不明  |  2007年06月03日

    ひさしぶりにHMVのレビューを拝見しました。が、随分頓珍漢な話題に固執していたようですな。自分の暴走発言のフォローに公共の場を使っているとしか思えない発言がありやや不快。本人の誠実さには敬意を表しますが、結局はCDを聞いて涙を流したことのある人の気持ちを逆撫ですることになりますなあ。さて、私もだれかを逆撫でするかもしれないが、このCDには関心しませんでした。シューマンの音は劣化してて聞き苦しい。録音は演奏を眠り薬のようにしか再現できてないという印象。ところで、この指揮者はほんとにこの程度??

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    珈琲好き  |  鹿児島  |  不明  |  2007年04月29日

    大体,自分の演奏をレコードやCDにすることに対して全面的に否定だった指揮者の演奏をこうも簡単にCDにして売り出していいんでしょうか。しかも繰り返し聴くには厳しい演奏なのに。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    しとさ  |  野田  |  不明  |  2007年04月24日

    大太鼓の解答はスコアにある。出版譜には2種類あって、大太鼓のみ当該小節が2分の2の2拍目に入ることになっているもの、(他の楽器の2分の3と食い違いが有る。スコアのとうりに演奏するとEMIやゲルギエフ。)この小節が2分の3になっているもの(これの2拍目として処理するとALTUSおよび世で聞かれるほぼすべての「キエフ」となる。)がある。したがって、演奏ミスとかでは無く、単に採用した版の違い、もしくは解釈の変化といえるだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    珈琲好き  |  鹿児島  |  不明  |  2007年04月12日

    そこまで大騒ぎするようなものか?オケのバランス(録音ではなく)は良いが,あまりに間延びしすぎている。「遅い」以外に特徴が感じられない凡演。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示