トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベートーヴェン(1770-1827) > ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、ピアノ・ソナタ第28番 エレーヌ・グリモー、ヴラディーミル・ユロフスキー&シュターツカペレ・ドレスデン

ベートーヴェン(1770-1827)

CD ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、ピアノ・ソナタ第28番 エレーヌ・グリモー、ヴラディーミル・ユロフスキー&シュターツカペレ・ドレスデン

ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、ピアノ・ソナタ第28番 エレーヌ・グリモー、ヴラディーミル・ユロフスキー&シュターツカペレ・ドレスデン

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:8件中1件から8件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    またたび度々  |  宮城県  |  不明  |  2021年07月17日

    グリモーの皇帝は、一直線の表現と言うよりは少し思考を凝らした感じだ。比較的長丁場の第1楽章では、この傾向が強い感じがする。とは言ってもツィマーマンほどの灰汁の強さはないので大抵の人には受入れが可能だと思う。個人的には第3楽章の終わり方が好きだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    robin  |  兵庫県  |  不明  |  2020年07月10日

    ザンデルリンクと入れたブラームスの1番の名演に接してファンになったが、それ以後モーツァルト、ベートーヴェンを聴いたがすべて失望。この皇帝もソナタ28番も失望。もういいかな、と思ってしまう。ユフロスキーの伴奏もイマイチの力がない。大いに期待しているセンス満点のプレトニョフの指揮とピアノ、かれの皇帝にはとうてい及ばない。他人事ながら、ブルュショルリ、ダルレ、ギュラー等々の歴代の名フランス女流ピアニスト達の仲間に入れるかなと心配してしまう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2013年10月02日

    私自身、好みとして女流ピアニストの弾くベートーヴェン「皇帝」協奏曲にはあまりその対象範囲に入ってはいないようです。そういう事抜きにニュートラルに本盤グリモーの弾く2006年彼女が37歳の頃の「皇帝」協奏曲はバックに若いユロフスキ(34歳)が指揮するSKDOを据えての演奏で第1楽章の滑り出しからそのしばらく続くオーケストラ前奏の何か飛び跳ねる様な・・・敢えて言えば軽いSKDOらしからぬ音色に少し聴く勘乃至手元が狂いやがて参入するピアノが別次元の(女性だからか)官能性帯びた深い音色に映って結果として「女性」の力技の見え隠れになってしまっている様な感じでありました。第2楽章のオーケストラ前奏は若干テンポ速く進められもうそこからバックがリーダーシップを取った如くでピアノは前の楽章ほどの存在感は示しません。最終楽章は再びピアノが強いタッチで「ピアノの巫女」然たるベートーヴェンの魂の世界に同化して行ってる様に聴きました。ただ人の感じ方というのは微妙なものでありまして独奏と伴奏の硬軟それも独奏の「硬」が女性の避けられぬ無理となってしまって果たして今後彼女がレパートリーに比較的男性向き作品(?私の勝手な偏見・・・)を対象に活動する事に百パーセント肯くわけには行かない事が過去の女流ピアニストG.バッカウアーの例で明らかなのではないでしょうか(そう言えば彼女もブラームスの協奏曲をしきりととり上げていましたね)。さて、本盤演奏タイムは@20’08A8’07B10’07と他演奏家と極端な違いは各楽章見られませんが、どうも我々バックハウス、ケンプ「皇帝」協奏曲世代にとっては・・・いつまでもそういうわけには参りませんが・・・one of themの演奏に今現在止まってしまっております。聴き慣れぬバックオーケストラの音色響き・・・そこが指揮者の腕前なのかどうかの判断は保留して・・・も一因かも知れません。併録翌2007年演奏のピアノ・ソナタ第28番(タイム@4’10A5’58B3’21C7’34)は未聴であり本盤全体として当面OKランクにして聴き続けましょう。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Johannes  |  埼玉県  |  不明  |  2007年11月26日

    ピアノ協奏曲第5番は情熱的な演奏である。ピアノもオーケストラも少し自由奔放なところがあってなかなか面白い。情熱的といってもメリハリが利いていてなかなか雄弁である。ピアノ・ソナタ28番も情熱的(第2・4楽章)であるが、こちらもメリハリが利いている。このような協奏曲もソナタも今までに聴いたことが無い優秀な録音であると思われる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヴィオリスト  |  長野県松本市  |  不明  |  2007年11月05日

    どちらかというと“勢い”で買ってしまった1枚であったが、聴いてみてビックリ!!何と“雄弁に”語る皇帝であろうか!!それでいて、とてもクリアーで繊細なタッチ!!良い意味で期待を裏切られた、サプライズのCDでした!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    arietta  |  東京都  |  不明  |  2007年09月13日

    「皇帝」は音のヴォリューム感、硬質な音でもうしぶんない。彼女は日本ではどうもヴィジュアル的な商法で、本当の才能というものが評価されていないのが残念だ。カップリングには少し疑問が残る。もう少し説得力のある曲はいっぱいあると思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TH  |  埼玉県  |  不明  |  2007年09月07日

    何と鮮やかな「皇帝」だろうか。ホロヴィッツのピアニズムもアラウやバックハウスの風格も無いけれど、今まさに曲が出来たばかりの新鮮さ!! いきいきとしたリズムで華麗に繰り広げられる「皇帝」ならぬプリンセス・エレーヌに乾杯!!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    平成のヨハネス  |  大阪  |  不明  |  2007年08月31日

    グリモーのピアノはいつもながら繊細・華麗でかつ力強いが、マズア&NYPとの4番と比べると、オケが元気過ぎでうるさく感じる。皇帝がそういう曲だといえばそうだが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示