トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ウェーバー(1786-1826) > 歌劇『魔弾の射手』全曲 ベーム&ウィーン国立歌劇場(2CD)

ウェーバー(1786-1826)

CD-R 歌劇『魔弾の射手』全曲 ベーム&ウィーン国立歌劇場(2CD)

歌劇『魔弾の射手』全曲 ベーム&ウィーン国立歌劇場(2CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★☆ 

    segovia  |  愛知県  |  不明  |  2014年04月20日

    オペラライブ演奏は、幕間拍手などで、小休止き、聞きやすいうえ、劇的演奏であることが多く、これも、テンポは遅いほうだが、さほど不快に感じない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TAKA  |  埼玉県  |  不明  |  2013年08月31日

    この音質を悪いと評価する人がおられるようだが。それには賛同できない。ご存じのように当該期のオペラのライブは音質があまり期待できず、Merodram等音質が良いと言われているものも、音が籠もっており、現代の我々にはなかなか聞き通すのが大変なものが殆どです。そのなかでオルフェオのこのシリーズは少なくとも、音が抜けており、聞きやすさでは一歩ぬきんでていると思います。もちろんマイクの位置の問題(遠く感じる)や、リミックスで好き嫌いはあるでしょうが、臨場感という事では、私は十分満足出来るものだと思います。勿論なかには駄目なものもありますが。まさかアナログで聴く音のまろやかさは望んでいるわけではないしょう?これで不満があるとすると、殆どが酷評されることになるのでは・・・ちなみに私はマランツの10万円くらいのCDプレーヤーで聴いています。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ushio  |  東京都  |  不明  |  2011年09月08日

    音質が良いという評があるが、冗談もほどほどにして欲しい。ステレオの最低レベル。「狩人の合唱」なんて、会場ではこんなものではなかったはず。orfeoお得意のマスタリング失敗?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    千葉のアリアドネ  |  千葉県  |  不明  |  2010年01月16日

    傑出した指揮者、名歌手による最高の「魔弾」。72年5月28日、大反響を巻き起こしたヴィーン国立歌劇場の何と戦後初上演(フォルクスオーパーでは「2回」上演あり)のプレミエの記録。シェンクの名舞台(狼谷の場面が特に素晴らしかったという)を見られないのは残念だが、オペラティックな雰囲気満載(序曲-聴衆大拍手-冒頭の合唱部分-ここまで聞けばもう完全にこちらも「芝居の中」)の音楽だけでも、当日の席に身を置いたがごとき気分になる素晴らしいCDだ。1発ライブとは思えない程の精緻な演奏はベームの厳格なレッスンによるというが、それが音楽を窒息させるのでなく、演奏者の自発性を伴いつつ、人間感情の豊かな起伏、雄弁なドラマへと高揚していく様は正にベームの「天才」を示す。オケがまたウェーバーの初期ロマン派の魅力を完璧に表現(ホルンの威力絶大)。歌手も特に絶賛されたヤノビッツ(気品と美しい声!)はじめ、リッダーブッシュ、ホルム(ベームのこうもりDVDのアデーレでお馴染み)、クラス等も素晴らしい。唯一キングだけが本調子ではないのが残念ではあるが、演奏に傷をつける程ではない。「魔弾」はちょっとと思っている方にも是非お勧めしたい。録音も良い。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ファーストホルン  |  東京  |  不明  |  2007年12月26日

    やはりオペラの演奏はこうでなくては!音質が非常によいので当時の雰囲気がよく分かります。少々不調な歌手がいてもオケですくい上げて盛り上げるバックアップの仕方はさすがたたき上げのオペラ指揮者の手腕でしょう。65年以降のウィーン国立歌劇場でのベームの演奏がかなり残されているはずで、ローエングリンはかつてグラモフォンで前奏曲などがステレオで出ていました。エレクトラ、マクベス、なども是非復活して欲しいです。当時のオケの音も(特にホルン)こくがあって素晴らしい!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ミッドナイトボーイ  |  博多  |  不明  |  2007年12月25日

    ベームのライブならではの迫力と厳しい造形がオランダ人やトリスタンと並ぶ名盤を産んだ。ロマン派オペラを硬質な輪郭でフォーマルに引き締めながら音楽的感興を満喫させるバランスは凄い。ヤノヴィッツは理想的。キングはかなり低調。ベームはライブが良いことの見本だ。同じ年のヴォツェックがベリーのタイトル役ですばらしい。ぜひ正規のリリースが待たれる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    タンノイ愛好家  |  京都  |  不明  |  2007年11月20日

    ARKADIA盤を持っています。音質には多くを望めなかったが、ベームのライブのすばらしさと当時のベスト声楽陣を堪能することができたので、正規音源の登場を待ち望んでいました。早速注文します。今後も、ローエングリンやエレクトラなど超名演の正規音源の登場を強く望みます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示