トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベートーヴェン(1770-1827) > 交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&バイロイト(1951 バイエルン放送音源)

ベートーヴェン(1770-1827)

CD 交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&バイロイト(1951 バイエルン放送音源)

交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&バイロイト(1951 バイエルン放送音源)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:66件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    カニさん  |  兵庫県  |  不明  |  2021年10月31日

    EMI盤は、昔から、編集が疑われていたが、2007年にこのバイエルン放送局版がオルフェから出たので、EMI社がどういう編集か不明だが編集を認めさせた。まず、非常に高音質で、フルトベングラー指揮の味が一段と鮮明に理解できる。これは、掘出し物です。素人の耳でもわかる会場の咳の音などの(雑音)だけは、はっきり分かる。第1楽章から第3楽章までは、完全に一致するようだ。紹介文の第3楽章の金管楽器のバランスの違いは、素人の私には、分からない。でも、音質がいいので、EMI盤よりも、第1楽章のティンパニーが良く決まっているのは、分かった。だが、第4楽章(終楽章)は、確かに紹介文のラストのほかにも、色々と気になる点があり別録音のように思う。ひょつとすると、EMI盤は、元々、会社としては、カラヤンのバイロイト音楽祭デビュー作録音が目的で、フルトベングラー指揮の第9は、ラジオ放送がメインで契約外の録音だったというから、このバイエルン放送局版で補修が必要な不完全な録音だったのではないか?ただ、この録音が、本場か、ゲネプロかは分からない。私には、これを是非とも、聴くべきだと自信を持って推薦する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ふるさとの道  |  栃木県  |  不明  |  2021年04月23日

    新型コロナ感染症予防疲れを癒そうと、フルトヴェングラー第九のCDを検索していました。2008年オルフェオ社から出た、バイロイト音楽祭のベートーヴェンの第九にいいねの数字が集中していることに気づきました。オルフェオ盤といったら、フィルタリングが濃いことで知られていたので、どうかなと思いながら、HMVに注文しました。届いてすぐ聴きました。そしたら、どうでしょう、この感動は。マイクの位置の関係か、男性独唱が、強めに録音されていますが、音の分離の良さ、生々しくみずみずしい音、弱音から強音までの幅の広さ。どれをとっても驚くばかり。期待した以上の良音でした。アンプで、低音を補って聴けば、マイソス盤に肉薄する迫力です。4楽章は、マイソス盤より、音の分離が良く、明瞭に響きます。評論家の宇野氏が亡くなった後、CD選びに困っていましたが、これで解決しました。HMVの常連さんの評価を目安にすればいいのです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ハッチ  |  愛知県  |  不明  |  2021年03月20日

    ライブ録音の音源で有名なこのレベルで圧倒的な歴史的遺産が、 フルトヴェングラーのバイロイト盤。 第9の代表作として定番。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    浜っ子  |  愛媛県  |  不明  |  2021年03月07日

    EMI盤、オルフェオ盤 2つの記録として楽しんでおります。どちらか1枚ということになれば明瞭な録音の本盤を選びます。演奏はどちらも素晴らしく、他を凌駕していると思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ysk  |  広島県  |  不明  |  2012年12月12日

    ソプラノのシュヴァルツコップは回想で第四楽章の前にソリスト達が入場したといってるんだよね。だとするとバイエルン版はオルフェオでは省かれてるけどセンターの方では第三楽章の前にソリスト達が入場する足音が入ってるのでつじつまがあわなくなる。それがまだ疑問としてあるんだよね。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    オイドン・ヨッチャン  |  徳島県  |  不明  |  2012年11月30日

    基本的にはEMI盤と変わらないのですが、音質がよく、ここで好き嫌いが分かれると思います、善し悪しという観点から見れば、51年録音のバイロイトの第九そのものが名演レヴェルなので、EMI盤であろうが、バイエルン盤であろうが不滅の名演です。ただ、どちらの音質を好むかの問題が生じてきます。純粋に聴く立場としては「どちらでもいい」がいいのですが、このバイエルン盤は音質がよく、EM盤よりも輪郭がはっきりし、一つ一つの音がはっきり聴き取れます。それにEMI盤に比べれば音の方向性が違い、EMI盤が深みにはひっていくような音であるのに対し、バイエルン盤は堀り下げていくような精度の高い演奏です。バイロイトの第九をどのようにして聴くかで見方が変わるCDだと思います。ただ、第3楽章の高貴な美しさ、これ限りはEMI盤でも、バイエルン盤でも全く変わりません。それに終楽章に関しては合唱の曖昧な録音状態が緩和されており、よりリアルに当時の演奏に耳を傾けることが出来るでしょう。全体的にEMI盤と評価を変える必要もなく、ここは好みの問題に止めておきましょう。取り合えず「最高!」ということで。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Bachman  |  愛知県  |  不明  |  2011年12月27日

    この演奏(あえてEMI盤も含めて)については大勢の方々が絶賛しており、かくいう私も初めて聴いたときの衝撃や感動はハンパではなく、一時期はこれ以上の演奏は考えられませんでした。私にとっては音質がどうだとか、編集がどうだとか、技術的な問題がどうだとかは関係なく、一番重要なことは「聴いて感動できるかどうか。」です。そういった基準でいけば、この演奏は私の中では変わらず最上位にあります。しかし、ベストワンだとは思いません。歴史的な背景や演奏の素晴らしさからいけば「世界遺産」といっても良いと思いますが、これを「ベートーヴェンの第九」とは呼びたくありません。あくまで「フルヴェンの第九」または「バイロイトの第九」と思います。何故なら、ベートーヴェンはこの作品を混沌とした空虚5度で開始して、ニ長調の主和音で堂々と終結させているのに、本演奏はあまりにもブサイクな終わり方だからです。最後の主和音がキマッてこそベートーヴェンがこの作品に込めた思いが再現されると思うからです。「終わり良ければ全てよし。」です。そういった理由から、素晴らしい演奏であることは疑いありませんが、あえて減点1としました。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

     |  福岡県  |  不明  |  2010年02月05日

    私もオイドン氏と同感です。永いこと同曲の色々な演奏に接してきましたが、とりわけ3楽章で、フルトヴェングラーに肩を並べる演奏に出会えません。ただし全楽章素晴らしいと思います。レビューを拝見して、感じるのですが、音が悪いとダメな人や天の邪鬼で多くの人が褒めているとけなしたくなる人がチラホラいらっしゃいます。本当に音楽を楽しまれているのかな?と思います。もちろん、個人の好みですが、「自分の感想が絶対だ」には閉口します。私は、幸いにも、悪い音も聴き慣れていますので、再構築して聴けるようです。グールドの「再創造」は論外ですが・・・。それにしても、1世紀の時の流れに耐えうる演奏は、そう多くはないと思います。私は、この演奏もその1つだと思っています。

    11人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Qちゃん  |  宝塚市  |  不明  |  2008年12月13日

     50数年前のアナログLPレコード以来フルトヴェングラー=バイロイトの録音はCDになってからも、EMIのオリジナルモノラル、擬似ステレオ、拍手入り及びOTAKEN版まで多くを買い求め聴いてきました。演奏は現在までどのマエストロが挑戦しても私の評価は変わりませんでした。しかし、ひとつ不満は録音の古さです。音の粒立ちの悪さです。ティンパニーのこもった音。残念でした。しかし今回このORFEO版を聴いて長年の気持ちが晴れました。辛抱強く待てば良い物が出てくるのですね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ふるとべんべん  |  三味の国  |  不明  |  2008年10月01日

    バイロイト公演後、レッグは「それほど感銘はうけなかった」と語りフルトヴェングラーは落胆したという話があったように記憶している。この盤を聴いて感じたのは、意外穏やかで整然としている、印象だ。EMI盤等で抱いてきた熱狂とは違う。レッグの言葉を信じるなら、これは未編集のその公演そのものなのかも知れない。未だバイロイトの9番を聴いていない人はOTAKENかGrandSlam盤で従来の録音物を聴くことをお薦めします

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    こうごろう  |  東京都  |  不明  |  2008年07月08日

    そもそも、この長ったらしい?第9を「リハーサルと本番」の2回も全楽章通しで録音したとは考えにくいと思いませんか?確かにEMI盤の方がオルフェオ盤よりも感動の度合いが高いのですが、オルフェオ盤も立派な演奏です。フルトヴェングラーが表現したかった音楽がそのまま収録されている音を聴けるだけで幸せです。アナログ録音も、デジタル録音もどちらも編集はいくらでもできる時代になっています。音楽は「感動」です。私は、オルフェオ盤で十分感動しました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    オウムガイ  |  アマゾン  |  不明  |  2008年06月26日

    歓喜の主題直前の大きなせきの音量がEMI盤より小さくなっていたのはよかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ムルソー  |  アルジェ  |  不明  |  2008年06月06日

    諸氏が長年聞き入ってきたであろう当盤、私も名盤であることは認めるが彼の数ある演奏の中で、本当に今の賛辞は適切であろうか?この演奏を聴いて涙しないものは死刑に値するだろうか?彼の戦中の演奏に本質を見る私は亡霊なのであろうか?彼がヒトラーの前で見せた一瞬の閃光、それは神であり悪であり万物の全てであった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    鶴  |  東京  |  不明  |  2008年05月27日

    私はどちらが編集でとか そういうことに価値は全く置かず 別演奏として感動するかしないかで普段から聞いているので私にはどうでもいいです その時代の空気を感じられて好きなだけです。 瑣末な議論は雑誌と評論家にお任せして傍観あるのみ。この議論こそが雑音。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Ring  |  yokohama  |  不明  |  2008年05月24日

    商業用パッケージであるレコードはライブ盤と言えども、本番+リハーサルの編集の上に成り立つことは「常識」の範囲と考える。OUTPUTされる演奏に対峙し、真摯に聴き入れることが好事家の唯一の道と思う。また、プロフェッサーは生前、この演奏には不満であったらしくレコード化はしないようにとEMI側に申し入れていたことも周知の事であり、後年のこの熱狂を眼の当たりにすると音楽の不思議を思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:66件中1件から15件まで表示