トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > バッハ(1685-1750) > 瞑想〜バッハ作品集 ケフェレック

バッハ(1685-1750)

CD 瞑想〜バッハ作品集 ケフェレック

瞑想〜バッハ作品集 ケフェレック

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    ばんどうくじら  |  福岡県  |  不明  |  2020年09月12日

    ケフェレックには、若い頃日本で録音したバッハのパルティータの名演がある。フランス人でバッハを得意とする人はやはり少ない様ですが、彼女のバッハは格別で、こういう静かな曲を弾いても暗くならないところが素晴らしい。バッハの編曲物は多数あり、目立たない存在ですが推薦します。 バッハの香りがする演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2017年05月05日

    感謝と慈しみが全編を流れる また悼みと憾みが水底を流れてもいる どうしても祈りたいような心境に捉えられる 選ばれた21曲の3/4が短調曲であれば自ずと哀感が滲み出す 緩徐曲が多くなって心の振れ幅も弛緩してくる 深くへ収斂集中していく心地となる ドラマチックでなし ロマンチックでなし 静謐な水底を覗くような心境になる 止まってしまってはいけないから”プレリュード”が6曲入っている 良い推進力になっている ケフェレックはメロディーを大切にして弾くが感情的ではない 突き放してもいない 寄り添い歩みゆく道程をかけがえのない一瞬として生きている 再びは歩まぬ道であれば共に歩くのは一度だけ 過ぎ去る時間を振り返る間はない 言い残せなかった心も掛けられなかった手もそのままに歩み続けるしかない 思いだけが心の奥にうず高く積もっていく ケフェレックも私たちも孤独を生きる 残るものはやはり祈りだけなのだろうか ご一聴を     

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tatsu  |  兵庫県  |  不明  |  2016年11月23日

    ラフォルジュルネのプログラムもそうでしたが、連続した曲の流れで楽しめるアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    にいく  |  東京都  |  不明  |  2009年06月15日

    曲目を見ると、静かな曲ばかり並んでいるようなので、もしかして癒し系コンピレーション?と、買うときに躊躇したのですが、聴いてみると、演奏者が吟味して選曲しただけのことはあり、安易なコンピレーションなどではありませんでした(ちなみに、このCDは母親に捧げられています)。 薄闇の中にすっぽりと入り、時が止まってしまったかのような気分。そこにときどき柔らかい光が射してくるような・・・。 小品集とはいえ単なる寄せ集めではなく、全体で何かを語ろうとしているように思える一枚。

    13人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示