トップ > 音楽CD・DVD > ジャズ > Bill Evans (piano) > Consecration: The Final Recordings: Part 2: Live At Keystone Corner

Bill Evans (piano)

CD Consecration: The Final Recordings: Part 2: Live At Keystone Corner

Consecration: The Final Recordings: Part 2: Live At Keystone Corner

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    teke  |  福岡県  |  不明  |  2010年08月22日

    あまりにも美しい旋律。稀代のピアニストが命を燃やして演奏に注ぎ込んでいるのだから当然なのかもしれない。既存の有名な曲で構成されているが、まったくの新曲のように聞こえる。ファンは買うべき。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    リリックブルー  |  東京都  |  不明  |  2008年09月18日

    わずかに残ったロウソクの消えかかる炎を、最後の力を振り絞って燃え上がらせて、目頭が熱くなる凄まじくも素晴しく、悲しく美しい音世界が展開されます。ラファロが亡くなった事で、ファーストトリオが神格化された様に,EVA NSは死を賭してラストトリオで表現していた音世界を後世に残そうとしたのではないでしょうか。亡くなる前のスズムシの羽音の様に、痛々しくもはかなく、胸に染み込むMY ROMANCE!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    bubyuki  |  tokyo  |  不明  |  2008年02月05日

    エヴァンスは、愛想曲を「彼らと演奏するのは楽しい」と本人がいうメンバーと共に、非常に美しいアレンジ(特に前奏部分)で演奏してゆく。失踪感、高揚感、耽美性を感じる演奏で、ピアノの音きらきらしている。他楽器の音もバランスよい。若干ミスタッチも聞かれるが、気にならない。彼は前進を続けたピアニストなのだ。全員のソロがすばらしい。ピアノの音には神々しささえ感じる。彼の音楽に対する真摯さと演奏への執念の凄まじさに圧倒される。エヴァンスがわかるなら買うべき。そうでない者は買わなくとも良い。時がたちわかるときがくる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    coocoo  |  chiba  |  不明  |  2003年03月15日

    スコット・ラファロ、ポール・モチアンとのトリオ時代が一番評価が高いのだろうけど、この演奏で聞かれる硬質な音にシシリズムを感じます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示