大滝詠一

CD NAIAGARA TRIANGLE VO

NAIAGARA TRIANGLE VO

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:23件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    もちもちのき  |  神奈川県  |  不明  |  2021年05月12日

    佐野元春、杉真理、すでに各々のカラーが曲目ごと鮮明に感じるが、そこに大瀧詠一というスパイスが入り何度聴いても新しい発見がある。このアルバムだけでこの三人の曲が聴ける幸せは計り知れない。citypop好きは手に入れたい一枚。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ニャロメ  |  大阪府  |  不明  |  2011年11月03日

    LPレコードとCD選書シリーズに続いてボーナストラック収録のリマスター盤に買い替えました。やはり音圧と音質は比較にならないくらい向上しており購入するのが遅すぎたくらいです。 当時は大瀧詠一と佐野元春は既に知っていましたが杉真理は、このアルバムで初めて名前を知りました。その直後にシングル『バカンスはいつもレイン』が大ヒットした記憶があります。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ねずみ  |  山口県  |  不明  |  2009年10月11日

     季節は”春”。とびっきりポップなサウンドが詰まったおもちゃ箱のようなアルバムです。A面1曲目から、60年代のキラキラと輝いていた洋楽のエッセンスを下地にした、缶入りドロップスのような鮮やかな総天然色の世界が広がってきます。午后の柔らかい陽射しの下、ダウンタウンを散歩しながら聴いていたい楽曲集です。  キューブリックの映画のタイトルをもじったラスト・ナンバーがとってもキュートで、四半世紀以上経った今でも、春を告げる1曲として愛聴しています。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ロニー  |  東京都  |  不明  |  2009年09月05日

    うy「彼女はデリケート」がいい。 まさに80年代、そう、月曜の夜のサウンドストリートを聞いていた世代には懐かしいナンバーだ。 いかしてる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    t.s.  |  大阪府  |  不明  |  2009年06月03日

    佐野フリークの僕としては3/1プラス1曲目だけでも十分満足ですが、稀代のポップ職人杉氏がいい!5は3分以内で作るポップのお手本、7なんてとっても夢見心地。この2曲でも十分得した気分になります。でも佐野氏は特別ですよ。2はここでのバージョンが最高!!冒頭の台詞はふざけてよく真似てました。C-boyも最高です。ん・・大滝氏は??さすがさすがラストのオレンジはとっても可愛い名曲です。邦楽が浮かれてた頃の最高傑作!ゴージャスです!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    よしお刈上げすぎ  |      |  不明  |  2006年06月06日

    「純正ナイアガラ」とは呼べないものの、3人の個性が存分に出ています。サノモトのポエトリーリーディング、当時は斬新でした。オスギのボーカルは言わずもがな。SWEET&GOOD。”ロックンロール退屈男”収録は嬉しい限り。のりお師匠とのコラボバージョン収録を切に願います。ポン!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ますみん  |  東京都  |  不明  |  2006年04月26日

    @AFがお気に入り特に゙彼女はデリケートはコンサートでも盛り上がりナンバーで格好良いです゚杉さんはやはりビートルズを彷彿させます声もソフトで聴きやすいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年04月01日

    佐野さんが以外とよかった。杉さんは声がポップス向きですな。彼女はデリケート・は今でも歌います

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    塩田 克太郎  |  千葉  |  不明  |  2006年03月25日

    できばえはヴォリューム1より堕ちますが、杉さまとライオン君の若さがはじけてます。’1’の二人は年のわりには、ジジくさかったのです。杉さまのFは超名曲。彼の作品でもトップ・クラスです。但し、その後の杉さまはこの楽曲を越えられなかったような気がします。頑張れ杉さん。私、彼とタメ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ことり  |  愛知県  |  不明  |  2004年10月28日

    「A面で恋をして」を彼氏に教えてもらって聴くようになりました。こういうきっかけで大滝さんにはまった人いるんじゃないでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ゆでめん  |  不明  |  2003年06月08日

    今でこそSEは珍しくもないが発売当時、エンディングの鳥の声はとても新鮮でした。私はこのシカケによってナイアガラワールドにハマッてしまい、今に至ります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ぴーと  |  東京都  |  不明  |  2003年03月22日

    これは捨て曲なしのおいしいアルバム。佐野の「週末の恋人達」、杉の「夢みる渚」が好きでした。もちろん今聴いてもすばらしい!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    yous  |  東京都  |  不明  |  2003年02月19日

    最高、時代を懐かしみながら 今聞いても古臭くない 本当に名盤だと思う そして心から大滝の ニューアルバムを望みます

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ごんぞう  |  東京  |  不明  |  2002年06月27日

    もう何もかも最高でしょ! 最近はマンハッタンブリッジにたたずんでにはまってます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ちぇるしい  |  高松市  |  不明  |  2002年03月26日

    音質もさることながら、佐野・杉両氏の作品が今聴いても名曲揃いで、改めて感服。大滝さんの11,12は85年MIXみたいですね(10も?)特に11はリマスタリングで更にアグレッシヴになって、言うことなし。けど、今回も大瀧さんの解説が無かったのが非常に残念。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:23件中1件から15件まで表示