トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベルリオーズ(1803-1869) > 幻想交響曲、エルミニー ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊&マーラー・チェンバー・オーケストラ

ベルリオーズ(1803-1869)

CD 幻想交響曲、エルミニー ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊&マーラー・チェンバー・オーケストラ

幻想交響曲、エルミニー ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊&マーラー・チェンバー・オーケストラ

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2017年12月23日

    音楽は生き物だ 生死の意味ではない その意味では不滅だが 一度も命の輝きを発せず彷徨う楽曲もある 音楽は生まれた瞬間に消滅する いつも新しく生まれているとも言える 音楽から新鮮な生命の息吹を吹かせるために演奏家はいる 作曲家は霊示を受けた音列音塊音群に魅入り執着して言葉となり身振りとなり表情となる意味を語れるまでに育て上げる ベルリオーズのみならず天才の奮励努力の跡を愛しむミンコフスキに深く共感する ”ピリオド”と”現代”の楽器が同居する状態は19世紀は疎か最近まで日常風景だった 況してやベルリオーズの時代は楽器の改良革新が日進月歩だった 当然”幻想”も寄せ集め的編成状況で演奏されてことは想像に難くない それを敢えて今やって見たのがミンコフスキだ 演奏は即物的表現主義的傾向に貫かれ 軽快なテンポを崩さない ロマンチックを敢えて排して風のように吹きすぎる そこからベルリオーズの創造精神が如何に無辺の大空を飛び回っていたのかが透徹して見えてくる 見事だ お聴きになっては如何 

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    こや  |  神奈川県  |  不明  |  2015年09月09日

    数ある幻想の名演の中でも、特異でグロテスク。しかもこじんまりとしている。しかし各楽章端正な響きで、楽器の使い方も上手く、何度聴いても新鮮で飽きさせない魅力を放っている。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    juntaro  |  兵庫県  |  不明  |  2012年01月06日

    ミンコフスキにはずれなし!ハイドンやバロックも素晴らしいですが、この幻想はワルター、ミュンシュ、チョン・ミュンフンらに比べても素晴らしい幻想です。オケのコラボレーションも芸達者でさわやかです。まとめ買いでも一点買いでもうれしい一枚です。もちろんミンコフスキらしいお楽しみも随所にありますよ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TKOクラシック  |  神奈川県  |  不明  |  2011年12月10日

    いままでの『幻想』とは異なる新鮮さがあります。狂喜乱舞・暴走の『幻想』ではありません。緩急を上手く使い、各パートの響き、バランスが絶妙です。第3楽章のゆったりとした演奏、ティンパニーの響きは秀逸です。『エルミニー』はもまた興味深く面白いです。廉価版ですので、『幻想』マニアは揃えておきたい1枚です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    遊悠音詩人  |  埼玉県  |  不明  |  2011年11月29日

    細部まで克明!ファンの間では、評論家諸氏の手放しの賛美も相俟って、「幻想交響曲=ミュンシュ」というフォーミュラが長いこと続いている。確かに、多感な青年芸術家の恋物語をこれ以上ないスケールで描いており、殊に1967年収録のライヴおよびスタジオ盤は、全録音中屈指の名盤として名高い。しかし、時は21世紀、そろそろ新しい解釈が受け入れられてもよさそうである。従来のベルリオーズは、その破天荒なストーリー性を強調する余り、曲の繊細な構成や豊かな音色をなおざりにしてしまう嫌いがあった。特に強奏部においては、音が混濁し、ただの喧騒にしか聞こえない部分すらあった。しかし、的確な時代考証や奏法の工夫などを行うと、この曲の新たな魅力が開陳される。既に古楽器での演奏では、ノリントンやガーディナーなどが著名であるが、ミンコフスキ指揮の当盤は、あくまでマーラー室内管を主体にルーブル宮音楽隊が加わる感じであり、従って音色自体は現代オケのそれに近い。だが、楽器編成は比較的コンパクトであり、また随所に古楽器が加わることで、今まで聴くべくもなかった音響に何度も出逢うことが出来る。殊に内声部の充実は目を見張るばかりであり、耳をそばだたせずにはいられない。確かに、ミュンシュのような切れば血の出るような狂気は感じられないが、その分、じわりじわりと襲う恐怖がある。特に第5楽章は、魑魅魍魎がケタケタと笑っているような感じがよく出ている。反復もしっかり行っているし、録音もオーソドックスながら秀逸。併録の《エルミニー》がこれまた幻想好き泣かせで、冒頭からいきなり固定楽想が出てくるので驚きだ。これ程魅力的なCDが、廉価で手に入る。これは“買い”だろう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示