トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > クラウス、ヨーゼフ・マルティン(1756-1792) > レクィエム、ミゼレーレ、天の星 M.シュナイダー&ラ・スタジオーネ・フランクフルト

クラウス、ヨーゼフ・マルティン(1756-1792)

CD レクィエム、ミゼレーレ、天の星 M.シュナイダー&ラ・スタジオーネ・フランクフルト

レクィエム、ミゼレーレ、天の星 M.シュナイダー&ラ・スタジオーネ・フランクフルト

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★☆ 

    嘉田玲奈  |  京都府  |  不明  |  2014年12月11日

    「レクイエム」は機会音楽なので、演奏条件などを考慮に入れてかオーケストレーションは小編成です。第3曲キリエにはフーガの手法が見られます。作曲した当時19歳のクラウスは既に対位法の書法を熟知していたと思われます。大変充実した曲です。音盤が少ない曲なので合唱について判断しにくいのですが、個人的には独唱者、特にカウンターテノール(ブックレットにはアルトと記載)のアダムの歌唱法に癖を感じます、しかし総合して独唱者、合唱者は良く歌いこなしていると思います。伴奏のオケも見事です。クラウスの声楽曲の音盤はその他の作品に比べると少ないですが、歌曲などももっと聴きたいものです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    まさやん  |  大阪府  |  不明  |  2009年09月14日

    モーツァルトのレクイエムは冒頭とディエス・イレがミヒャエル・ハイドンのレクイエムハ短調。入祭文ソプラノソロがバッハ教会カンタータ第10番。キリエがヘンデル・メサイア第2部第4曲の転用もしくは模倣であることが良く知られています。さてクラウスのレクイエムは、個人的感想ではモーツァルトのレクイエムと全然似ていません。但しニ短調である事。キリエがフーガである事。「ラクリモサ」の旋律に類似点を感じはします。しかし曲は中々良いのでお勧めです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示