三浦綾子

本 銃口 上 角川文庫

銃口 上 角川文庫

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ねも  |  兵庫県  |  不明  |  2019年01月11日

    1940年の思想弾圧事件「北海道綴方教育連盟事件」をモデルにした小説。念願をかなえ教師となった竜太は炭鉱の町の小学校へ赴任する。教師になるきっかけとなった同級生の芳子との愛と生徒たちへの愛は、竜太の大きな喜びだったが、昭和16年、思いもよらぬ治安維持法違反の容疑で逮捕される。全く納得できない容疑だったが… 戦争というものが、いかに庶民に生きづらさをもたらすかが描かれているが、救いは竜太と芳子の一途な愛と、民族や国家を超えて、一個人として自らの足元を見続けた人々の生きざまだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示