トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ハチャトゥリアン(1903-1978) > 『仮面舞踏会』より、『ガイーヌ』より、ピアノ協奏曲 ビエロフラーヴェク&ブルノ国立フィル、ポコルナ、ヴァーレク&プラハ響

ハチャトゥリアン(1903-1978)

CD 『仮面舞踏会』より、『ガイーヌ』より、ピアノ協奏曲 ビエロフラーヴェク&ブルノ国立フィル、ポコルナ、ヴァーレク&プラハ響

『仮面舞踏会』より、『ガイーヌ』より、ピアノ協奏曲 ビエロフラーヴェク&ブルノ国立フィル、ポコルナ、ヴァーレク&プラハ響

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    k.k  |  大阪府  |  不明  |  2021年06月04日

    ジャケットが幼稚っぽい。剣の舞にしてもお粗末!スプラフォンレーベルのCDとしてもセンスが悪い。ジャケットは別として、演奏のほうは、ハチャトゥリアン独特の民族色豊かな演奏と云うよりはあっさり気味な印象。例えるなら、厚化粧をした女性ではなく、素っぴんな女性である。ハチャトゥリアン独特のギトギトした音色を求めるなら期待外れかもしれない。好き嫌いが別れる演奏である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    レインボー  |  不明  |  不明  |  2010年12月08日

    仮面舞踏会、ガイーヌ、ピアノ協奏曲と、ハチャトゥリアンの代表作を一枚に集めたCDで、原盤はチェコのスプラフォンのようだ。 ガイーヌ、仮面舞踏会は、ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団による演奏で、正直有名なオケではないが、演奏はなかなかの物で、剣の舞やレズギンカ等は、テンションの高い豪快な演奏が聴ける。 隠れた名演ではないだろうか。 ピアノ協奏曲はポコルナのピアノも上手いし、ヴァーレク指揮、プラハ交響楽団の演奏も味があって良い。 そこそこ古い録音だが音質も悪くないし、価格も安く、おすすめの一枚。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示