トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > グラズノフ(1865-1936) > 『恋愛合戦』 アンドレースク&ルーマニア国立管弦楽団

グラズノフ(1865-1936)

CD 『恋愛合戦』 アンドレースク&ルーマニア国立管弦楽団

『恋愛合戦』 アンドレースク&ルーマニア国立管弦楽団

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    レインボー  |  不明  |  不明  |  2012年04月27日

    グラズノフ管弦楽選集の最新盤。 といっても元々はマルコポーロ・レーベルで発売されていた音源の復刻(マルコポーロには他にもグラズノフの秘曲集とも言える音源がある。復刻しないだろうか) この『恋愛合戦』は初めて聴いたが、グラズノフらしい美しいメロディが随所に流れ、なかなか良かった。 演奏は、ルーマニアの、ルーマニア国立フィルハーモニー管弦楽団で、ナクソスで東欧オケ(特にスロヴァキア)の演奏はイマイチだったりするが、このCDは可もなく不可もなくと言った所で、名演とは言えないが、あまり知名度のないこの曲を聴く上では十分な水準だと思う。 1986年の録音で、音質は良好だと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ドン・G・イテュリ  |  東京都  |  不明  |  2010年05月04日

    フランスの甘く上品な香気漂う、これはロシア人作曲家グラズノフの美しいバレエ作品だ。全体的に迫力には欠けるが、それはないものねだりというもの。初演の振付はかのマリウス・プティパだったとの事。劇場のレパートリーとしてリヴァイヴァルさせたら面白いとも思うが・・・。余談だがこれだけグラズノフのバレエ作品が録音されながら「パリの炎」「バフチサライの泉」という今もロシアでレパートリーになっているバレエの音源がない?!というのは納得できない。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示