宇宙戦艦ヤマト

Blu-ray Disc 宇宙戦艦ヤマト 復活篇

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (1 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (6 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★☆☆☆☆ 

    ヒロシです  |  石川県  |  不明  |  2010年08月31日

    駄作。これはひどい。感動もない。登場人物の個性も出てないし、何を伝えたいのかわからない。もっと感情移入のできるものを作ってほしい。観て損をしました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    0088  |  千葉県  |  不明  |  2010年08月18日

    この商品の「売り」は、劇場で上映された内容とは違う「アナザー・エンディング」が収録されることでしたが、いつの間にかその特典映像が収録されなくなるということになってしまいしました。定価はそのままです。おかしいでしょ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    アラハンの自転車乗り  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月10日

    とにかく見終わったあとのこのモヤモヤ感は一体何なんだろう。 確かに『宇宙戦艦ヤマト』なんですけど、松本零士の手を離れてしまうとこんなにも世界観が変わってしまうもんなんですかねぇ。都知事の趣味かも知んないけど、昭和の香りがあちこちに。これでは『ヤマト』ではなく『大和』でしょう・・・ 続編ありきのストーリーも中途半端だし。 とりあえずヤマトの新作と言う事で、星一つ増やしときました(^_^;

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    H.T  |  兵庫県  |  不明  |  2010年07月08日

    作品全体としては、本当は☆は小数点付きにしたいくらいです。 劇場公開初日に観ました。 その前に、主題歌を歌っているTHE ALFEEのライブで何の説明もなく曲を聴いていて、「松本アニメっぽい曲だな」という印象は持っていました。 後日情報が解禁になってからは、ライブでも背景映像に、映画のシーンからおそらくOKが出た部分を使っていたのでしょうが、正直、映画を観る前にかなり満足していた感がありました。 そして公開翌日のライブでは、戦闘シーンも盛り込んだ効果的な映像編集で、映画を観ているより感動的でした。 あの曲の背景は今後もあの映像にして欲しいくらいです。 (どうせまたお金でややこしくなるのでしょうから期待はしていませんが)  そして驚いたのが、再販になっていた旧作を購入して見直したところ、CGのメカよりもアナログのメカの方が重厚感があったことでした。 劇場の画面やライブの効果として大画面で観た時には気にならなかったのですけど、旧作に収録されていた復活編の予告をPC画面で観た時には「プラモデルか!」と愕然となりました。 こんな華奢な印象を受けたCG作品は初めてです。 松本キャラではなくなって、メカまで見どころから脱落したら、はっきり言って「宇宙戦艦ヤマト」ではないです。 宇宙戦艦ヤマトの権利問題で揉めて権利を勝ち取ったとはいえ、あのテロップには吹きました。そんなに松本氏を叩き出したかったのかと。 取り敢えず声優さん目当てだけに購入予定です。(発売日が延びましたね)

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    名古屋の鉄  |  愛知県  |  不明  |  2010年06月13日

    なぜ、これほど酷評されたのか見てみてよく分かりました。 冒頭に出てくる、昭和の亡霊、石原慎太郎、復活編という表面面だけからマーラーの交響曲2番復活をミュージックに多用し、そのたたくさんのクラシックを野別なくかけまくる。ヤマトのもうひとつの魅力である音楽は最悪。ストーリーは完結編よりはましかもしれないが、エヴァンゲリオンを思わせる敵。 何もかもがちぐはぐ。 ところで、最後に復活編第一部完と出てきましたが、このような作品、後続があるということ????

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    名古屋の鉄  |  愛知県  |  不明  |  2010年06月13日

    なぜ、これほど酷評されたのか見てみてよく分かりました。 冒頭に出てくる、昭和の亡霊、石原慎太郎、復活編という表面面だけからマーラーの交響曲2番復活をミュージックに多用し、そのたたくさんのクラシックを野別なくかけまくる。ヤマトのもうひとつの魅力である音楽は最悪。ストーリーは完結編よりはましかもしれないが、エヴァンゲリオンを思わせる敵。 何もかもがちぐはぐ。 ところで、最後に復活編第一部完と出てきましたが、このような作品、後続があるということ????

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    めたまー  |  佐賀県  |  不明  |  2010年05月10日

    アナザーエンディングが無くなってしまった。何故だ?

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示