トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ルリエ、アルテュール(1892-1966) > 歌曲、合唱曲集 ゲラシモワ、ロシア室内合唱団、他

ルリエ、アルテュール(1892-1966)

CD 歌曲、合唱曲集 ゲラシモワ、ロシア室内合唱団、他

歌曲、合唱曲集 ゲラシモワ、ロシア室内合唱団、他

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★☆ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2011年12月12日

    弦四含め3枚ぐらいルリエを買ったが、どれもこれも瞑想的に始まり、不協和音で狂乱するという、有り難くない構成。おそらくほとんど録音がない作曲家なので、「大観」あるいはHMVお得意の「俯瞰」できる作りなのだろうが、残念ながら買ったのは「失敗」としか言いようがない。また騙されようと思って「歌曲集」を買ったが、アット驚く為五郎。これは実にすばらしい。これと出会えなかった人は、本当に人生の相当部分を無駄にした、といって過言でない出来栄えだ。音楽作りもすばらしく、またゲラシモーヴァの美声も泣かせる。歌曲集と謳っているが、作品7のマズルカなどピアノソロもありヴァイオリン2にヴィオラ2という編成の弦四が加わったり、弦三が入ったりと飽きさせない。瞑想する合唱も眠たくはないので、そこそこ緊張感を引き出す仕掛けが駆けられているのかもしれない。いずれにせよ価格以上の出来栄えだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2011年10月19日

    ルリエはロシア・アヴァンギャルドの作曲家として有名だが、文献ではよく目にするわりにCDが少ないのでなかなかその作品を聴くことが出来ない。 アヴァンギャルドの作曲家とは言え、奇をてらうような所はなく、心の深みに入っていくような瞑想的な音楽だ。 どちらかというとスクリャービンの延長なのかもしれない。しかしあのような派手さはなく、どこまでも心にしみわたっていく音楽だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    silver  |  東京都  |  不明  |  2010年12月09日

    基本的にはドビュッシーとプーランクとメシアンを足して、プロコフィエフ、ショスタコの皮肉っぽさを振りかけて上手くまとめたような作風。 これ一枚で色んな味を楽しめますよ。意外と奥の深い作曲家なのかも。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示