トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブラームス(1833-1897) > ブラームス:交響曲第4番、ベートーヴェン:交響曲第4番 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1973)

ブラームス(1833-1897)

CD ブラームス:交響曲第4番、ベートーヴェン:交響曲第4番 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1973)

ブラームス:交響曲第4番、ベートーヴェン:交響曲第4番 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1973)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (5 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:6件中1件から6件まで表示

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2010年07月01日

    1973年来日前のライブ録音(当時ムラヴィンスキー70歳頃)でのベートーヴェン交響曲第4番、演奏タイム@9’05A9’40B5’46C6’31 及びブラームス交響曲第4番、同@12’26A10’10B6’04C9’56であります。先ず後者、 音はそんなに良くはないのですが幾分テンポを早めにとって劇的な要素を強調した・・・枯淡とは別な世界を意思強く提示する為踏み込みもきつくティンパニーの扱いも太く鋭い感じです。第1楽章時折パッセージ間が旋律ラインの急変でフォローしにくい面があり割れそうな音色と相俟って焦点がぼける傾向もあります。最後フィナーレはこれほどキツい掘り下げは余り聴いたことがありません。とにかく音の洪水というか力点の異様さは凄いですね。第4楽章にしてもパッセージ間は情け容赦無く進みます。ライブならではと言ってしまえばそれまでですがムラヴィンスキーのロシア的アプローチと簡単に結論づけて良いかその凝縮力というのか迷う処です。以前LPで聴いていた時と明らかに受ける感じが異なり今回盤の方が少し正直しんどくなるほどリアルではあります。前者ベートーヴェンの第4番も全体的には大変深く彫りこんだ演奏で同年の東京ライブ演奏と@9’04A9’47B5’45C6’52 と基本的には同じなのですが音の録り方にもよるのでしょうか、東京ライブ盤の方がマイルド性から聴き易いと思いました。両曲の本質というよりムラヴィンスキー・・・ロシアの演奏本質を出したものとして聴かれたらよいかと思います。ライブの醍醐味と刺激的な面では素晴らしい盤でしょう。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Loup-cervier  |  大阪府  |  不明  |  2010年06月13日

    なんと感動的なブラームスだろうか。これほど劇的に彫琢されたブラームス4番は他では聴くことができない。既出のRehearsals & Concerts BOX盤に納められた同演奏は、ノイズが目立たないようにマスタリングされているぶん、耳には優しいが、すこし音がおとなしくなってしまっていた。それと比べると、当盤では、無理にノイズを除去しようとするよりも、原音の生々しさを重視したマスタリングになっている。我が家のオーディオでは、やや高音が強く感じられるが、だからといって窮屈なわけではなく、実にのびのびとした強さである。とにかく弦の響きがすばらしいうえに、管楽器、打楽器のコントロールもすごい。終楽章まで聴きとおしたときの感動は、繰り返しになるが、他では得ることができない仕上がりである。これだけでも買う値打ちは十分あるだろう。ベートーヴェンの方は、東京公演の録音が優っているとは思うが、もちろん、こちらの演奏がまずいというわけではない。いずれにせよ、すばらしい企画だ。ロシア音楽編のショスタコーヴィチとチャイコフスキーも楽しみになってきた。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    マラ3マニア  |  東京都  |  不明  |  2010年06月13日

    ブラームスの4番が凄い。ひとことで言えば、フルトヴェングラーのようなブラームスだ。リズムの切れ、テンパニィの強打、メロディーラインの粘着。これをやると、ブラームスの第4交響曲では全体が崩壊してしまうのだが、私の知る限り、フルトヴェングラーとカールベームの一部のライヴ演奏だけが成功している。要するに、細部を徹底的にこだわりながらも、交響曲の全体像を見事に提示する。この演奏はブラ4演奏の数少ない成功例だと思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    八反35号  |  広島県  |  不明  |  2010年06月09日

    演奏については色々書かれているので、ざっくりと。 ベートーヴェン交響曲第4番は、私の好み。速めのテンポで進んで行くのですが、スポーティにはならない。ブラームスもサッと行ってるようで、実はしっかり聴かせる演奏。音質はビクターメロディア版より高音が聞き取りやすくなっています。楽章間の聴衆ノイズも残っています。折角のライブ録音だから、この方が私の好みなんです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2010年06月05日

    ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルの黄金コンビによる超名演を非常に優れた音質で味わえる好企画CDである。ベートーヴェンの第4は、初来日直前のレニングラードでのライブである。どちらかと言えば、音質、演奏ともに、来日時の演奏の方に軍配をあげたくはなるが、あくまでもそれは高い次元での比較。そのような比較さえしなければ、本演奏も、素晴らしい名演であると言える。疾風の如き一直線のテンポではあるが、どの箇所をとっても深いニュアンスに満ち溢れており、無機的には決して陥っていない。アンサンブルの揃い方も驚異的であり、金管楽器も木管楽器の巧さも尋常ならざる素晴らしさだ。他方、ブラームスの第4は、ベートーヴェンと同日のライブであるが、これは、ムラヴィンスキーの遺した同曲の演奏中、最高の名演と高く評価したい。ベートーヴェンと同様に早めのテンポであり、もう少しテンポを緩めてもいいのではと思われる箇所も、すっと何もなかったように通りすぎてしまう。しかしながら、随所に見せるニュアンスの豊かさは、正に至高・至純の美しさに満ち溢れていると言える。終楽章は、パッサカリア形式による曲想がめまぐるしく変化するが、鉄壁のアンサンブルを堅持し、オーケストラを手足にように操る指揮芸術の凄さは、もはや筆舌には尽くしがたいものであると言える。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    J君  |  埼玉県  |  不明  |  2010年06月02日

    会場で聞いているかのような録音。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示