トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブラームス(1833-1897) > ルービンシュタイン・プレイズ・ブラームス(9CD)

ブラームス(1833-1897)

CD ルービンシュタイン・プレイズ・ブラームス(9CD)

ルービンシュタイン・プレイズ・ブラームス(9CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (11 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:12件中1件から12件まで表示

  • ★★★★★ 

    座頭  |  兵庫県  |  不明  |  2020年04月25日

    ブラームス弾きに適してるのはバックハウス、ゼルキン、ギレリスといった「武骨系」-という意見が、昔の評論家の主流だったような気がする。私も長年持っていた、そのような先入観を、このボックスは見事に覆してくれた。力強さと繊細さ、気品と叙情を併せ持つルービンシュタインこそ、最高のブラームス弾きです。協奏曲もソロも室内楽も、全ていい。音質も問題なし

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ムサイシス  |  三重県  |  不明  |  2014年03月17日

    ルービンシュタインは強靭なタッチというわけにはいかないので、ブラームスは難しいかなと思っていました。が、ブラームスには必ずしも強靭なタッチが必要ではなく、細かい音符にまでアクセントを付けること、きめるべきところできめること、ハイセンスなロマンティシズムを追求することによってすばらしい音楽を再生できることを教えてもらえました。すべて良かったのですが、特に室内楽のルービンシュタインのセンスがすばらしい。音楽性を引っ張る、出るところは出る、他の楽器を引き立てるべきところは伴奏に徹するなどピアノの理想的な役割を果たしています。とてもいいブラームスです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    greyfalcon  |  福岡県  |  不明  |  2014年03月07日

    室内楽がみな聞き物です。シェリング、フルニエとの共演は当然として、期待していなかったガルネリSQとの共演も、こってり濃密なブラームスを満喫でき、思わぬ掘り出し物で得した気分。協奏曲はライナーとの1番が、さもありなんという秀演。独奏曲も佳演で、お腹一杯になれますよ。piano trio だけは持ってましたが、もちろん音は非常に良くなってました。ブラームス好きなら、絶対買いです!

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    mari夫  |  東京都  |  不明  |  2013年05月26日

    一枚一枚買い揃えていた者には辛い(?)セットですね。こんなものがこんな廉価で安易に買えるとは、と少々がっくり。とくに理想的な演奏は一番の協奏曲とVn.ソナタ、トリオ。トリオは他の二人のソロも見事で、それに対してルービンシュタインのソロが見事な含蓄と奥行きの深さを感じさせる。ただガルネリ・カルテットはシェリング,フルニエの域には到底達せず、ピアノのみが白眉という演奏です。小曲は、彼としては、この奥行き感がやや浅いように感じられる。でも、安いよなぁ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    eroicka  |  不明  |  不明  |  2013年05月25日

    室内楽はシェリングらとの60年代以降の上品で滋味あふれる名盤を選び、協奏曲は50年代のライナーやミュンシュとの技巧や気力の高かった時期のものをチョイスするなど、安いながらもCD製作者のセンスの良さが光る。例の「コンプリートBOX」をお持ちなら勿論要らないセットだが、とりあえずルービンシュタインのブラームスを聴いてみたいならお値打ちだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    saitaman  |  埼玉県  |  不明  |  2011年08月27日

    なんと素晴らしい演奏だろう。まるで、時代物の上質なブランデーのように気品と風格が漂う。見事なブラームス。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    あまでうす  |  神奈川県  |  不明  |  2011年04月17日

    ルービンシュタインはベートーヴェンもモーツアルトもシューマンもショパンでさえもみなみないいが、とりわけこのブラームスの演奏で、彼の晦渋な音譜の内奥の秘密を噛んで含めるように弾き明かしてくれる。 とりわけシェリングとのバイオリンソナタや、ピアテゴルスキーとのチエロソナタ、そしてシェリング、フルニエとのピアノトリオにおいては彼の明鏡止水のようなピアノが、鬱屈した作曲家の心にそっと寄り添うような優しい表情を湛えて鳴り響き、後の二名が心をひとつにして精妙なアンサンブルを奏でていくありさまは、思わずこれが音楽だあ、とため息がでるようで、実際に出てしまう。 ああ、なんという素晴らしいブラームスであろう。 とかくこの国では、このアメリカの名ピアニストの音楽について、かの天才ホロビッツなどと比較して一籌を輸する、なぞとほざくあほばか者が多いようだが、とんでもない。ロバの耳を底までほじってこの超廉価CDを聴いてほしいものだ。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    バイオリン ぱぱ  |  茨城県  |  不明  |  2011年03月27日

    世評に高い、フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団とのピアノ協奏曲第1番ニ短調と愛弟子ヘンリク・シェリングとのヴァイオリン・ソナタだけでも、いまでも、両者、1500円程度で販売していることから、この2枚の値段以下の価格で、他の名演奏を入手できるとは驚きです。フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団との緊張感あふれる演奏はまさに名盤。また、抒情的なヴァイオリン・ソナタも、オイストラフとリヒテルのコンビによる男性的・重量級な演奏とは対照的に、聴いたあとの清涼感がたまりません。当家のベスト盤は、ピアノ協奏曲第1番はセル&ロンドン響/クリフォード・カーゾン、ヴァイオリン・ソナタはシモン・ゴールドベルク(Vn)/アルトゥール・バルサム(Pf)(テスタメント)の演奏であるが、それでも、繰り返し聴きたくなる魅力が本全集にはある。その他、グァルネリ弦楽四重奏団とのピアノ五重奏曲ヘ短調やピアノ四重奏曲第1番ト短調も、美しいアンサンブルと曲運びはさすが。当家のそれぞれのベスト盤は、ポリーニ/イタリア弦楽四重奏団のピアノ五重奏曲とギレリス&アマデウスQのピアノによる四重奏曲第1番ではるが、それらにはない、味わいがあり、大変良い。その他の演奏も、もちろん、なっとくの名演奏。お買い得といえるでしょう。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Gismo  |  富山県  |  不明  |  2010年11月23日

    協奏曲も良かったけど、室内楽がこれほどに良い出来とは思ってなくて、勝手にルービンシュタインはピアノ独奏曲の人というイメージを持っていました。これは本当に良い復刻箱だと思います。他の作曲家でもこういった企画ができるくらいの録音残ってないのかなぁ

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tantris  |  山形県  |  不明  |  2010年09月22日

    ピアノ小品については、昔レコードで復刻されたモノラルの演奏が忘れられない。このセットに含まれていないのが残念です。ショパンのようなタッチで弾かれたブラームス。グールドやアファナシエフとかの思い入れたっぷりの演奏とは対極的で、あれはあれで本当にすばらしいものでした。正規録音であったことは間違いないのですが、後年のステレオ録音とはだいぶ曲目も違っており単独でもぜひ復活してほしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2010年09月11日

    ルービンはショパンより「ブラームスがお好き」なのかもしれない。2種のPコンでは厚く塗りこめられたピアノ書法から、ともにストレートな響きを引き出す。和音を押さえる指一本一本の力、打鍵のタイミングがぴたり揃っているのだろう。特に室内楽では、雄弁すぎるピアノを押さえることなく雄弁に語らせ、他の線の細い楽器との協調関係を維持する、濁り少なく、晴朗な響きが、いいプロポーションを生み出している。共演者も名手ぞろいで、ブラームスの世界を満喫させてくれる。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    よき古き時代  |  大阪府  |  不明  |  2010年08月09日

    これは良い。協奏曲・独奏曲は、まあまあとして、ピアノ関係の室内楽曲がこれだけまとめて廉価で入手できるのは極めて貴重と思います。私も少しばら売りがあった際に購入していましたが、まとめて購入する絶好の機会です。このSONYの新シリーズで、廃盤になっているブダペストやジュリアードの室内楽曲を取り上げていただきたいものです。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:12件中1件から12件まで表示