浜田省吾

DVD ON THE ROAD 2011 ”The Last Weekend”

ON THE ROAD 2011 ”The Last Weekend”

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    Peaceful World  |  福島県  |  不明  |  2012年10月19日

    浜田省吾はロッカーであり、詩人であり、エンターテイナーである。今回のライブ・この作品ほど、高い質・素晴らしい内容のものをつくれるアーティストは数えるほどしかいないのではないか?能天気な歌も時には良いかもしれない。ただ私には「この地球がどこへ行こうとしてるのか?」という切実な”詩”こそ心に響くのである。そして、「愚かな男達 権力に群がり 閉ざしてく 未来への最後のドア」この歌詞を聴くと、日本という星がどこへ向かっていくのか悲しくなってしまう。ハマショー、今年60歳。若い!見た目も声も。こんな60歳は・・・ほかにいない。いつまでも歌い続けてほしい。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    テレキャス  |  大阪府  |  不明  |  2012年09月21日

    2011年のツアーのライブDVDとCD。共にセットリストをほぼ丸々収録(収録されなかった曲ももちろんありますが)このツアーの核となった楽曲が「僕と彼女と週末に」。もう30年程前に作られた曲ですが、30年後に余りにもリアルに響きました。 おそらく企画の段階では誰しも予想しえなかったと思いますが。 MCの中で「日々のつらい事とか忘れるんじゃなくて、そういった物を受け入れて明日からの英気を養えるようなステージにしたい」といった内容の事を話してましたが、その言葉こそが浜田省吾の楽曲を表現していると思う。いつの時代も、そこにある「現実」を歌にしてきたのが浜田省吾であり、そんな歌達を大切な人生のサウンドトラックにしてきたのがここにあるオーディエンス達だと思う。そんな大切な時間を共有した素晴らしい作品だと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示