トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > レハール(1870-1948) > 『微笑みの国』全曲 マッテス&グラウンケ響、ローテンベルガー、ゲッダ、ホルム、他(1967 ステレオ)(2CD)

レハール(1870-1948)

CD 『微笑みの国』全曲 マッテス&グラウンケ響、ローテンベルガー、ゲッダ、ホルム、他(1967 ステレオ)(2CD)

『微笑みの国』全曲 マッテス&グラウンケ響、ローテンベルガー、ゲッダ、ホルム、他(1967 ステレオ)(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    レインボー  |  不明  |  不明  |  2017年03月11日

    レハールの喜歌劇『微笑みの国』の全曲盤です。 ウィリー・マッテス指揮、グラウンケ交響楽団の演奏、ゲッダ、ローテンベルガー等の歌手陣を配役し、1967年に録音された物です。 エレクトーラのオペレッタ・シリーズは、当時の主役級の歌手を何人も揃えた、録音だからこそ出来る夢の配役で、質の高い録音を多数残しました。 この微笑みの国も同様であり、とても芸達者な歌手陣、マッテスの重厚な音色ながら、豪快なドライブ感のある演奏と、どれも見事で完璧な演奏です。 この作品の代表的な録音の1つとして入門は勿論、オペレッタファンにもおすすめします。 私の所有盤は1990年代半ばに発売された盤で多少音質に難がありますが、聴ける水準でしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Pavane  |  北海道  |  不明  |  2013年05月18日

    『微笑みの国』の最高の演奏の一つだと思います。ローテンベルガーびいきの私としては、彼女の声が聴けるだけでポイントがひとつ上がってしまうので、多少点が甘いかも知れませんが、他の歌手も名唱だと思いますよ。リマスタリングのおかげか、音質も非常にクリアです。まだ聴いたことがない人は、是非、聴いてみて欲しい。オペレッタが好きになれる作品です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示