トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベルリオーズ(1803-1869) > 幻想交響曲 ハイティンク&ウィーン・フィル

ベルリオーズ(1803-1869)

CD 幻想交響曲 ハイティンク&ウィーン・フィル

幻想交響曲 ハイティンク&ウィーン・フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (6 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:6件中1件から6件まで表示

  • ★★★★★ 

    藤枝梅安  |  東京都  |  不明  |  2020年02月08日

    40年間、幻想の名盤を追い求めてきたがこのハイティンク盤の存在こそ知っていたが聞こうとは思わなかった。まったく不向きだと考えていたからだ。今回、人に勧められて今更ながら聞いてみたところ、自分の視野の狭さには恥ずかしさ思うほど素晴らしい演奏である。大騒ぎしなくとも立派な作品として 奏でる丁寧な演奏はミュンシュの感動とは別の良さがある。 まだ聞いていない方でじっくり幻想交響曲に向き合いたければこちらはお勧めである。もう名盤といわれるものは聞いたでしょうから。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    charu  |  宮城県  |  不明  |  2017年10月30日

    うちにあるのはCDではなくLPですが、30年ぶりに聴いて感銘を新たにしました。「幻想」を演奏する時に忘れてはならないのは、ある意味シューベルト、シューマン、ブラームスよりもロマン派的でありながら、実はまだベートーヴェンが生きていた時代の作品だということです。旋律を過度に誇張したり、テンポを劇的に揺らしたりする録音や演奏は数知れませんが、古典派の匂いが消えてしまうとこの曲の本当の凄さは分かりません。そういう意味でこの演奏は、曲の持つロマンティシズムを保ちながら、楽譜に忠実に演奏している名演だと思います。奇を衒わないハイティンクの棒も良いですし、アンサンブル体として有機的に機能していた最後の時代のウィーン・フィルの演奏も見事です。それ以後のウィーン・フィルからは、残念ながらウィーンの香りは徐々に消えて行ってしまいました。今はむしろウィーン響の方が、少し朴訥ながら、ウィーンの香りがします。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Nowhere Man  |  石川県  |  不明  |  2017年06月21日

    ハイティンクはオケに任せる指揮者なので個性が無く好きではないが、この幻想はこのことが逆に良い結果をもたらしていると思います。ウィーン・フィルの良さが出て美しく上品な演奏だと思います。各楽章の区別が分かりやすく、深みが有ります。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    おかぽん  |  島根県  |  不明  |  2014年06月18日

     このハイティンク ウイーン・フィルの「幻想」はもっと評価されてもいいと思っています。ウイーン・フィルの美しさを最大限に引き出しています。ベルリオーズのオーケストレーションのうまさ、そして「幻想」の情熱(狂気)も引き出しています。  この「幻想」の演奏のように「落ち着いて、明確な分析がされている。それでいて情感もあり、バランスがとれ、本当にいい演奏ができる指揮者」が、今どれだけいるのかと思います。タイプは全然違いますが、ブーレーズとハイティンクぐらいではないでしょうか。  座右におきたいディスクです。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    セクスィー部長代理  |  千葉県  |  不明  |  2008年08月22日

    若い頃、アナログ盤をよく聴いたものでした。ゾフィエンザール録音でのウィーンフィルの音がきれいで、特に2楽章はうっとりしてしまいます。それでいてこの曲の狂気の面もよく表現されています。私にとっての幻想のベストの一枚です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Yuniko  |  新潟県  |  不明  |  2008年02月14日

    かずある幻想交響曲のCDの中でも、最も「ファンタスティック」なのがハイティンク盤ではないかと思う。第1楽章序奏や第3楽章のしっとりとした情感がとてもいい。一方で第4・第5楽章のおどろおどろしさにも不足はない。ミュンシュ盤(もちろんこれも名盤)とは対極にある演奏だが、ハイティンクの幻想ももっと聞かれてよい名盤と思う。ところでオリジナルLPのジャケットはとても美しかったのだが、そちらのデザインで再発売してもらえないものだろうか。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示