ハチャトゥリアン(1903-1978)

CD Sym.2, Gayane Suite: Khachaturian / Vpo

Sym.2, Gayane Suite: Khachaturian / Vpo

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (3 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★☆ 

    古関さん  |  大分県  |  不明  |  2010年08月01日

     第2番は素晴らしい音響絵巻のようにも聞こえるが、私には時として不気味な鐘の音に響くときがある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ジェネシス  |  北海道  |  不明  |  2010年07月24日

    たしか、LP初出は読響を振りに来日した頃だったと思います。ちょっと著名な客演が来るとモーレツにテンションが上がった当時の読響(例.イッセルシュテット、リーガー、チェリ、ルーカス.フォス...)と名演を聞かせた記憶があります。指揮者としては、これだけだったんでしょうか。ロシアのオケを振ったのも見当たらないし。できれば、ベルリン.フィルやフィラデルフィアで聞きたかったな。 この演奏は御指摘のとおり、英デッカなら、マルティノンの「悲愴」のハチャトリアン.ヴァージョンとも言える好演だと思います。ベト、ブラよりもロシア物の方が合ってるもの、このオケ。あと伴奏と。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    にゃおにゃお金  |  市川市  |  不明  |  2006年02月01日

    交響曲第2番がとんでもない名演だ。ウィーン・フィルをここまで「本気」にさせたのは凄い。なんとなく典雅なイメージのあるこのオケが、共感に溢れた信じ難いほどの爆演を聴かせてくれ、痛快の一言に尽きる。それに比べると「ガイーヌ」はまあまあという程度だが(それでも名演ではある)、交響曲だけで十二分に満足できるお薦めの1枚だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    DSCH  |  愛知  |  不明  |  2004年07月26日

    録音はあまりいいとはいえないが、 流れている音楽自体は最高。特につるぎの舞は天下一品だと思われる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    T.O  |  関市  |  不明  |  2003年06月04日

    安いから買ったものの、音量の大きいところでは、音割れが見られる。でも、爆裂していて音割れはさほど気にはしなかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示