トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > プロコフィエフ(1891-1953) > プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2・3番 O・グティエレス(p)N・ヤルヴィ指揮

プロコフィエフ(1891-1953)

CD プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2・3番 O・グティエレス(p)N・ヤルヴィ指揮

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2・3番 O・グティエレス(p)N・ヤルヴィ指揮

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    シャルヴェンカ  |  千葉県  |  不明  |  2021年11月15日

    本来ならばベルマンと組んだ全集の方にコメントすべきだが、私には敢えてこちらを選ぶ理由がある。それはオラシオ・グティエレスへの強い思い入れがあるからだ。グティエレスは1970年のチャイコフスキー・コンクールで2位になった。その後にプレヴィン/ロンドン響とチャイコフスキーとリストのそれぞれ1番の協奏曲を録音したレコードを街のレコード店で偶然手に入れた。グティエレスの写真はとても若くて初々しく、また解説では彼こそ1位とコンクール会場でブーイングが起こったとあった。そして彼のピアノをマスカットのような透明な響きと絶賛していた。実際に聴いてみると、響きの美しさは何か特別なピアノを使用しているのではと感じる上、リズム感も技術もゾクゾクするほどで正に完璧。私にとって今日までこの演奏に太刀打ちできるピアニストを知らない。前置きが長くなったが、そのグティエレスとヤルヴィ、そして大好きなコンセルトヘボウ管と揃えば悪いわけがない。透明なピアノの響きと冴え渡るリズム感はここでも健在だ。プロコフィエフの作品は親しみ易いものとそうでないものの格差が大きい。交響曲もピアノソナタも一部の作品しか判らない。ピアノ協奏曲はギリギリかな。それよりもコンセルトヘボウ管ファンとしては、アシュケナージと5番しか録音していない交響曲全曲を誰でもいいから録音してもらいたい。ヤルヴィ/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管の全集と是非聴き比べてみたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示