トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > 交響曲第5番『革命』 小林研一郎&名古屋フィル

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

Blu-spec CD 2 交響曲第5番『革命』 小林研一郎&名古屋フィル

交響曲第5番『革命』 小林研一郎&名古屋フィル

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★☆ 

    eroicka  |  東京都  |  不明  |  2010年12月25日

    コバケン節炸裂の熱いロマンの爆演だ。最近流行の「ショスタコーヴィチの証言」を意識した隠喩に富んだ表現ではなく、ストレートに楽想から苦悩と歓喜のドラマをロマン的に謳いあげるというのは、バーンスタイン盤に近く、テンポの動きなどをみると、コバケンの方が、バーンスタインよりロマン的だともいえる。このコンサートに行っていれば、瑣末な瑕や演奏の粗さも忘れ、立ち上がり「ブラヴォー」と絶叫しただろう。冷静に自室のコンポでCDを聞くと、勿論、興奮もさせられるのだが、優秀録音だけに、逆に、オケの些細なミスが実際以上に目立ち、弦の音もやせて響くのが良く分かる。そのうえ、コバケン氏の例のうなり声を結構拾っているのが惜しまれる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    レインボー  |  不明  |  不明  |  2009年10月15日

    小林研一郎のCDを買うのは初めてなのだが、これは良かった。聴いた瞬間に一気に彼の世界とでもいうのか、とにかく引き込まれて、一気に最後まで聴いてしまった。私は普段この作曲家のシンフォニーはあまり一気に最後まで聴く事はないのだが。とにかく熱演が好きな方にはおすすめできる。尚、ライナーによれば当日アンコールで終結部が演奏されたようだ。CDには時間があるのだからそれも収録してくれたら良かった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    ERINA  |  不明  |  不明  |  2009年06月20日

    期待が高かっただけに、う〜ん?・・・。熱演には違いなく、コンサートに居合わせていたら興奮しただろう。しかし、繰り返し聴く事を期待するディスクとしては・・・。同じライブ録音盤で、小生が繰り返し聴くことのできるバーンスタイン/NYP盤と比較するのも何ではあるが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    QC  |  横浜  |  不明  |  2006年01月25日

     日本が世界に誇るべきショスタコーヴィチ第五交響曲の名演!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    kobaken  |  東京  |  不明  |  2003年12月17日

    このCDが全然話題にならなかったのが不思議。コバケンの全CDの中でもこれだけ「燃え上がった」演奏はないのでは?ムラビンスキーのようなタイプの演奏しか受け入れないというような人にはどうだか分かりませんが、少なくともコバケン・ファンなら必聴の一枚です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示