トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ドニゼッティ(1797-1848) > 『愛の妙薬』全曲 ボニング&イギリス室内管、パヴァロッティ、サザーランド、他(1970 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

ドニゼッティ(1797-1848)

CD 『愛の妙薬』全曲 ボニング&イギリス室内管、パヴァロッティ、サザーランド、他(1970 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

『愛の妙薬』全曲 ボニング&イギリス室内管、パヴァロッティ、サザーランド、他(1970 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2012年08月28日

    明るく楽しいだけじゃない芸術性の高い演奏。 ベルカント・オペラの研究家であるボニングの指揮に感心するもよし、サザーランドとパヴァロッティの声に酔いしれるもよし。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    chaconne  |  大阪府  |  不明  |  2007年05月27日

    指揮のBonyngeがこの作品の田園叙情劇の側面を強調した音楽造りをしているので、ドライなBuffa的表現は薄い。このディスクの最大の聴き物は、NemorinoのPavarottiの名唱である。これを超えるNemorinoは今後も現れないだろう。多少知性に欠けるにしても、センシティヴな農村青年の心を見事に表現している。AdinaのSutherlandの歌唱水準は高いが冷ややかな表現に終始する。終盤で漸く役と同化した。DulcamaraのCossa、BelcoreのMalasは主役2人の華やかな芸風に押され気味だが夫々の役に相応しい仕事をきっちりこなす。合唱も含めアンサンブルも良い。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示