トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ニールセン(1865-1931) > 交響曲全集 コリン・デイヴィス&ロンドン交響楽団(3SACD)(+ブルーレイ・オーディオ)

ニールセン(1865-1931)

SACD 交響曲全集 コリン・デイヴィス&ロンドン交響楽団(3SACD)(+ブルーレイ・オーディオ)

交響曲全集 コリン・デイヴィス&ロンドン交響楽団(3SACD)(+ブルーレイ・オーディオ)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    rakkokun  |  岐阜県  |  不明  |  2015年09月22日

    桐嶋屋勝造さんへ。 Blu-ray audioを、私は2通りの方法で楽しめています。方法1:PS3やブルーレイ付き録画や再生機のHDMIケーブルを、デジタル出力付きのHDMIセレクターへつなぎ、デジタル出力をDAC機につないで聴きます。 方法2:パソコンでブルーレイディスクからmkvファイルを作り、チャプターでファイル分割した後、mkvファイルからLPCM 2chの音声データのみを抽出させてwavファイルを作ります。これを、ネットワークオーディオのNAS機に入れて聴きます。 双方とも、96k,24bitなど、ハイレゾ再生できています。方法2は手間ですが、繰り返し鑑賞に強いネットワークオーディオのために頑張ってやってます。方法1のセレクターは、私は 400-SW015(サンワダイレクト限定品)です。 ご参考になりましたら。 尚、ブロムシュテットのニールセン交響曲全集を持っているので、このBlu-ray audioは聴いてみたい気持ちを抑えております。評価点平均が下がらないように5点いれます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    独居人  |  東京都  |  不明  |  2015年06月18日

    LSOの暗いイメージとニールセンの曲調があいまって地味な印象に終始したが演奏自体はオーソドックスで実直なものと感じた。 音質はSACDはメリハリがあり明瞭でダイナミクスに富む。 Blu-ray Audioはきめ細かくソフトなイメージで聴き疲れしにくい。 mShuttleについてですが、ライナーノートより抜粋しますと、 @ブルーレイ・プレイヤーをホームネットワークへと接続してください。(つまりルーターを通してPCとLAN接続すると言うこと) その時ブルーレイ・プレイヤーのBDLive(インターネット接続)がオンになっているか確認してください。 Aブルーレイ・オーディオ・ディスクをブルーレイ・プレイヤーへと挿入して、ディスクが読み込まれたらスタートメニュー画面のmShuttle ボタンを押してください。 (つまり最初に表示される画面の真ん中辺りにあるmShuttleと書かれた文字を選択してリモコンのenterボタンを押す。) BPCのウェブ・ブラウザーを開いて、ブルーレイ・プレイヤーのIPアドレスをタイプします。あなたはプルーレイ・プレイヤーのセットアップ・メニューでこのアドレスを見つけるでしょう。(つまりルーターのDHCPサーバー機能によって割り当てられたIPアドレス(192.168.〜で始まる)をブルーレイプレイヤーのセットアップメニューで確認してPCのウェブブラウザーのURL欄に打ち込みます。) Cブルーレイ・プレイヤーからPCへとダウンロードするオーディオ・ファイルを選択します。 とまあ、慣れないとかなりややこしいですが、こうまでしなくとも簡単にファイルにアクセスできます。 PCにBDドライブがついていればディスクを直接読み込ませてBD-REドライブ(LSO_NIELSEN)を右クリックで開いて、ROM_DATA>downloads>と階層を開いていけばお目当てのファイルにアクセスできます。 (ファイルはDSD, FLAC 96/24, WAVE 44.1/16, mp3)

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Papachan  |  北海道  |  不明  |  2015年05月20日

     「これが80過ぎの老巨匠の演奏?」と思うほどにヴァイタリティあふれる見事な演奏、しかも「ニールセンが初録音」とはにわかに信じられないほど、ぎくしゃくしたところがありません。ニールセンの千変万化の楽想を、すべて一定の水準で演奏するのは至難の業だと思いますが、デイヴィスは見事に、それぞれの曲にあった解釈と演奏を引き出しています。全集としての完成度の高さではトップクラスでしょう。またひとつ、すばらしいニールセンに巡り合うことができました。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    桐嶋屋勝造  |  愛知県  |  不明  |  2015年04月15日

    演奏は期待通りでした。SACDで広々とした音の空間が楽しめます。付録ブルーレイ・オーディオは「ご自宅のホームネットワークを使用してブルーレイディスク内のWAV、MP3ファイルを直接対応機器にダウンロードできます。」ととても簡単に書かれていますがどうやったら聴けるのかわからず、ビデオ用のブルーレイからのアナログ出力ではDAコンバーターでSACDよりロースペックな音になってしまうし、PCでリッピングするにもどんなソフトを使えばいいのかもわからないし・・・誰か教えていただけませんか?まだソフトが少ないので高額な専用機器は遠慮しますが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示