RCサクセション

CD ビート・ポップス

ビート・ポップス

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    ブライアン如運図  |  茨城県  |  不明  |  2010年04月30日

    隠れ名盤。実際の意味でサイケデリック、などの評価も納得ですが、ともかく、どん欲な創作意欲があふれています。もっとも、それがごちゃごちゃと放り出されているだけという印象(最近まで私もそう思っていました)を与えている感がありますが、おもちゃ箱をひっくりかえしたらとんでもないものが出てきたというような面白さ満点です(車で繰り返し聴いていて認識を改めた次第です)。しつこいですが、隠れ名盤。スルメ・アルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    こーじ  |  大阪府  |  不明  |  2009年05月06日

    発売当時、RCとして各種メディアへの露出が増え、いわゆる絶頂期のアルバムと位置づけられます。 前作での自己の内面に迫る詩やダークな雰囲気から一変し、外部への攻撃性を充満させた「ハジケた」内容です。曲調もバラエティーに富み、聴き応えがあります。 当時、中学生だった私にはあまりにも衝撃的で、聞きまくっていたことを思い出します。

    19人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    gto21  |  M78  |  不明  |  2003年11月25日

    「バイクを飛ばしてもどこへも帰れない」という歌詞ではじまる「君を呼んだのに」、清志郎とCHABOのカラミが最高の「ハイウェイのお月様」など隠れた名曲がアルバム後半に続いている。このアルバムの前後の方がトータル的にはレベルが高いとも思えるが、それでもRC独自の世界が広がるアルバムだ。(Oh,Ya!)なんて、他の誰がこんな曲を描けるんだ?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示