トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベッリーニ(1801-1835) > 『ノルマ』全曲 アンド演出、ビオンディ&エウローパ・ガランテ、J.アンダーソン、バルチェッローナ、他(2001 ステレオ)

ベッリーニ(1801-1835)

Blu-ray Disc 『ノルマ』全曲 アンド演出、ビオンディ&エウローパ・ガランテ、J.アンダーソン、バルチェッローナ、他(2001 ステレオ)

『ノルマ』全曲 アンド演出、ビオンディ&エウローパ・ガランテ、J.アンダーソン、バルチェッローナ、他(2001 ステレオ)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (2 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    paxdomini  |  京都  |  不明  |  2009年03月08日

    今回初めてノルマのビデオ買いました。歌はアンダーソンはそつなく巧く、バルチェッローナは評判通りの肝っ玉ぶりで安定感があっていいです。シンは綺麗な声なのですが、歌が一本調子なので少し飽きが来てしまいます。でもビデオなんで視覚的な要素がとても大切です。3人ともとっても大きな体格で、化粧の具合かいずれもフランケンシュタインのように見えてしまいます。舞台は分かり易い作りで好感が持てます。ピリオド楽器が慣れない耳にはハーモニカのように聞こえる時があって残念です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ぐす太夫  |  千葉県  |  不明  |  2009年03月08日

    アンダーソンはこの役にしては声質も表現もソフト過ぎるかな。か弱い「耐える女、やさしい母」という感じでノルマのイメージとは…。シン・ヨン・フンのポリオーネも歌、容姿ともに、とても二人の巫女から愛されるだけの魅力があるとは感じられません。バルチェッローナとアブドラザコフが良い分、主役(?)二人がくわれっぱなし。舞台美術、衣装や、野性的だけど繊細なエウロパガランテの古楽器演奏は良いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示