トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > プロコフィエフ(1891-1953) > 『セミョーン・コトコ』全曲 アレクサンドロフ演出、ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場、ルツューク、パヴロフスカヤ、他(2013 ステレオ)(+BD)

プロコフィエフ(1891-1953)

DVD 『セミョーン・コトコ』全曲 アレクサンドロフ演出、ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場、ルツューク、パヴロフスカヤ、他(2013 ステレオ)(+BD)

『セミョーン・コトコ』全曲 アレクサンドロフ演出、ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場、ルツューク、パヴロフスカヤ、他(2013 ステレオ)(+BD)

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2018年12月08日

    この先、日本で歌劇『セミョーン・コトコ』が上演されることはないかもしれない。そのことを考えても、商品として世に出してくれたゲルギエフに感謝したい。しかも日本語字幕付きで観ることが出来る。 ただ、個人的にはここに描かれているパルチザンの物語に入り込む事が出来なかった。強いて言えば、コトコの恋愛の部分のみ共感ができた。 とはいえ、プロコフィエフの音楽も歌手たちやゲルギエフの指揮も素晴らしい。 また、演出も作品世界の雰囲気を良く表現しているが、最後の場面で急に皆が踊り出すような、取って付けたような奇妙な振り付けに違和感をおぼえた。それまでのシリアスな世界からシュールな世界に急変してしまったように感じた。 今後はプロコフィエフの作品では『真実の人間の物語』、『修道院での婚礼』や『炎の天使』。 リムスキイ=コルサコフの『見えざる街キーテジ』、『五月の夜』、『サトコ』や『プスコフの娘』、『モーツァルトとサリエリ』。 チャイコフスキイの『チャロデイカ』、『マゼッパ』、『チェレヴィチキ』などなどを日本語字幕付きで発売してほしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示