King Crimson

CD Larks Tongues In Aspic

Larks Tongues In Aspic

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:75件中61件から75件まで表示

  • ★★★★★ 

    へたれ  |  不明  |  2003年03月12日

    『USA』を先に聴いていたせいか、「イージー・マネー」のポヨヨ〜ンなパーカッションには未だに笑ってしまう。すいませんねー、でも笑っちゃうんだもん。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    金持ち父さんになりたい貧乏父さ  |  ハワイ州  |  不明  |  2003年03月05日

    ダーダーダーダーダーダというあの暴発重低音ギターとパーカッシブなパートは1stの「21世紀の精神異常者」「Red」に引けを取らない凄い曲だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    YOU  |  TOKYO  |  不明  |  2003年03月04日

    CRIMSON2度目のピーク。破壊力・インパクト最高。最後に核爆弾を落とす!1曲目のブルフォードのドラミングは、マイルス・バンドのトニー・ウィリアムス、ジャック・ディジョネットと並び、史上最高レベル。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    monteprince  |  北海道  |  不明  |  2002年12月05日

    Lark’s・・U、私には完璧に聞こえます。もちろん今とは感覚が違うのだろうけど、30年が過ぎ中学時代にこれを聞いていた自分を少し誉めてあげたい今日この頃。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    かじ  |  東京  |  不明  |  2002年11月20日

     ロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード、デイヴィッド・クロス、ジェイミー・ミューア(per)といういろんな意味で曲者ばかりが集った中期クリムゾンの豪作。本作限りでマヌケな脱退を遂げるミューアの暴れっぷりは本当にナイスだし、ねじが狂った機械のような印象のクロスのプレイにしても、ウェットンのへたうまなヴォーカルにしても、ブラッフォードのカウント不可能な変拍子ドラミングにしても、フリップのビョーキなフレージングにしても、5人が揃えばこれですよ。しかしどうしようね、この破壊力。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    zuzu  |  niigata  |  不明  |  2002年10月03日

    常に自己の音楽を見つめ、探究を続けたクリムゾン。クリムゾンの発表したアルバムはその探究の成果なのだ。そのアルバム群の中でも究極の完成度を誇る本作「太陽と戦慄」!リズム、ドラム主導の完全即興音楽。緊張。緊迫。危ういバランスの上に立ちながら、決して破綻しないこのサウンド。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    konkon  |  tochigi  |  不明  |  2002年08月29日

    演奏・内容は最高じゃないですか。10点ですよ。録音がもう少しクリアであれば良かったのにな。CD化された最も最初の輸入盤では、LarksUの最後にメンバーの声が入っていた記憶があります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ピシ  |  北海道桧山郡江差町  |  不明  |  2002年05月16日

    ほぼ全編これimprovizationといった趣のある作品である。その中に”book of Saturday”,”the exiles(放浪者)”といった佳曲が埋もれている。”Larks・・pt.2”に関しては、もう少し何とかならなかったのか。事実、Robert Fripp氏本人も「当時は私もメンバーもまだ若く、上手くは演れなかった」と述懐している。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    アイランズ  |  不明  |  2002年01月30日

    すいません…途中で文が切れていたので手短かにまとめます。
    なぜ『Larks'』という露骨にドスの効いた題名なのか?それは「腹くくらないと痛い目に遭うぜ!」という注意書きなんです。それでも痛い目には遭うのですが…それこそKCの醍醐味♪

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    アイランズ  |  不明  |  2002年01月30日

    友人に聴かせたら「ホラー映画みたいや」とのこと。ブッブー!正解は「某ポルノ映画のサントラで盗作された」でした!本作「Larks' Tanges in Aspic」、邦題「太陽と戦慄」…またの名を「強姦」(盗作曲のタイトル)。曲想の分かりやすい作品ですよね?つまり、これは「前

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    白ネコ  |  三重県  |  不明  |  2001年12月15日

    この素晴らしいアルバムを聞いているとこの頃のクリムゾンは本当に凄かったんだなぁと思います。狂暴さとやさしさが共存しています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    グレッグウェットン  |  三重県  |  不明  |  2001年11月17日

    現代の音楽(特に最近のヒット曲)では絶対に表現出来ない力強さとやさしさ、それに暴力性がある!全ロックファン必聴だね!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    VDGG  |  ださいたま  |  不明  |  2001年11月16日

    エネルギー。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    スペースエース  |  三重県  |  不明  |  2001年08月24日

    ジョンウェットンをむかえてさらに力強さを増したクリムゾン!や奄フ様なメロウな曲もよいがやはり櫛撃ナしょう!特に撃ヘ最高!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Cream  |  広島  |  不明  |  2001年02月18日

    中学生の頃、リアル・タイムで聴いていました(この頃は、後期クリムゾンと称されていました)。当時の同級生達の意見としては、最初はとっつきにくいが、結構はまるということでしたので、借りて聴きました。そして、しっかりはまりました。ロック・グループには珍しいヴァ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:75件中61件から75件まで表示