キャス・サンスティーン

本 命の価値 規制国家に人間味を

命の価値 規制国家に人間味を

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    ai  |  不明  |  不明  |  2021年03月01日

    「命の価値」は非常に刺激的なタイトルである。命は至高のものであり、他のあらゆる事柄の価値を上回るという考え方を主張するものではない。そうではなく、積極的に命に「値段」を付けよう、そのためにはどのような手続きを経るべきなのかという現実主義的アプローチの検討が本書のテーマである。これは政策決定において避けられないことであるが、いざ通読してみると緻密な(しかし論争を呼ぶ)分析がなされていることに気付かされる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示