トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > スーク(1874-1935) > スーク:アスラエル交響曲、クレイチー:セレナータ カレル・アンチェル&南西ドイツ放送交響楽団(1967年ステレオ)

スーク(1874-1935)

CD スーク:アスラエル交響曲、クレイチー:セレナータ カレル・アンチェル&南西ドイツ放送交響楽団(1967年ステレオ)

スーク:アスラエル交響曲、クレイチー:セレナータ カレル・アンチェル&南西ドイツ放送交響楽団(1967年ステレオ)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2018年03月29日

    半世紀前の録音だが感動する スークが愛した人たちへ思慕と追悼の思いを伝えた音楽は 個人の思いを超えて祖国の人々へ そして人類へと呼びかける崇高な音楽になった 美しい心が描き 奏する人と聴く人の心を浄化する音響世界 アスラエルが死者と生者の間を飛び廻る アンチェルがバーデン=バーデンの放送オーケストラと残した名演奏を朋に聴いてもらいたい クレイチーに何一つ知識を持たない 作曲家名辞典もひっくり返したが見つからない ”セレナータ”なる三楽章の管弦楽曲は透明感のあるサウンドと自由闊達なリズムに彩られた爽快な作品だ 一聴に値する あなたも如何 

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示