トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > モーツァルト(1756-1791) > 交響曲第40番、第41番『ジュピター』、『フィガロの結婚』序曲 レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

モーツァルト(1756-1791)

CD 交響曲第40番、第41番『ジュピター』、『フィガロの結婚』序曲 レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

交響曲第40番、第41番『ジュピター』、『フィガロの結婚』序曲 レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    たーさん  |  神奈川県  |  不明  |  2018年12月19日

    以前にSRCR1501で出ていたのと同じで,マスターのつくり直しもなさそう。それを手に入れた時の投稿でも記したがここに収録されている2つの交響曲はわたしには異形に聴こえ,しかし,かけがえのないものでもある。  じつはバーンスタインとニューヨーク・フィルによるモーツァルトの交響曲はまずK.543とK.550が,ついでK.525とK.551が録音されている。前者が日本コロムビアから発売された時はそれへの批評についての物議もあった。後者は国内で発売されたのだろうか(わたしは米コロンビア盤で手に入れたが)。  今回の発売はバーンスタインの生誕100年にちなんだものというが,それならば当初の組み合わせで出してほしかったなと思う。この,「いかにも」という組み合わせはバーンスタインとしては不本意ではあるまいか。その結果あとの2曲は長らく陽の目を見ていない。とくにK.543はぜひ多くの人に聴いてほしい演奏である。  それと「表紙」の写真。これはわたしの記憶ではマーラーの第7交響曲のLPで使われていたもの。どうでもいいことのようには思えないが?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示