Fleetwood Mac

CD Blues Jam In Chicago Vol 2

Blues Jam In Chicago Vol 2

商品ユーザレビュー

星3つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    tasuke  |  新潟県  |  不明  |  2013年01月13日

    69年1月にチェス・レコードのスタジオにマックが乗り込んでのブルーズ巨人たちとのジャムを記録しています。ヴォリューム1と合わせて約2時間半のセッションになります。セッションは、リードを誰かに決めて何曲か演奏し、またリードを交代し…といった様子で続いていきます。オーティス・スパンの弾くピアノがこの頃のマックにはない部分でしたので、とても新鮮。後日ピアノを編成に入れることになる理由が何となくわかります。 マイク・ヴァーノンの書く詳細なエピソードがライナーになっています。よく当時のことを覚えているな、と感じるほど。彼にとってマックは非常に愛着のあるグループだったのでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示