浜田省吾

CD DOWN BY THE MAINSTREET

DOWN BY THE MAINSTREET

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (13 件)
  • ★★★★☆ 
    (4 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ONE COIN  |  愛知県  |  不明  |  2009年02月14日

    『DANCE』の、12インチシングルヴァージョンは出ないかな〜

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    みい  |  不明  |  2003年10月05日

    長い間ファンの人もまだ間もない人にとっても心に残る一枚だと私は思います

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Road & Sky  |  埼玉   |  不明  |  2002年09月29日

    丁度J Boyを出す前あたりのアルバムだったと思いますが、そのため非常にノリにノッテいる感じが聞き取れます。promised land の時は、やや社会批判の趣が強い傾向がありましたが、このアルバムはむしろロック色に力を入れており、そのストレートさに心を打たれます。 特に好きな曲は、Daddy’s Townです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    照井  |  東京都  |  不明  |  2002年04月30日

    通算9枚目。「HomeBound」「愛の世代の前に」「PromisedLand」とロック色の濃い作品が並びましたが、サウンド的には多少硬い印象も受けました。本作では古参メンバー?の町支・板倉・江澤らに、古村(Sax)が新加入した事で、より洗練された奥行のある音創りに挑戦した成果が見られます。同時に以降のアルバム制作にも影響を与える作品に仕上っており、サウンド面におけるアレンジやプロデュースの方向性で明確なるものを見出した大きな転換期だったように思います。「MONEY」「DANCE」収録。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示