トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > Dvorak / Schubert > ドヴォルザーク:交響曲第8番、シューベルト:交響曲第6番 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

Dvorak / Schubert

CD ドヴォルザーク:交響曲第8番、シューベルト:交響曲第6番 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

ドヴォルザーク:交響曲第8番、シューベルト:交響曲第6番 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:33件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2017年12月10日

    天井桟敷で聴くソノリティ 遠近感あるいは立体感ある音響に包まれる 45年前のプロムシュテット若かりし時の傑作 シュターツカペレ・ドレスデンの燻し銀サウンドは決して五月蝿くならない ドレスデンにボヘミアの風が吹き込んだかといえば然に非ず コスモポリタンのドヴォルジャークなのだが プラハを北上すること200Km足らずでドレスデンに至るのだ この東ドイツの工業都市にボヘミアの風が滑り込んでいたやもしれぬ これほどの美しい余情を醸して余りあるのだから 全曲踊りまくってしまった さてプラハを東寄りに南下すること300Km余りにウィーンはある このシューベルトを忘れてはいけない 生前に演奏された最後の交響曲”第6番”は傑作なのだ だがその真影を見せ聴かせる演奏にはなかなか出会えない 第一プログラムに取り上げさえしない指揮者が多い ブロムシュテットは真価を識っていた ベートーヴェン型シンフォニーの最高点に達している 主題労作を展開のベースに置きながらデュナーミクの変化から劇性を生み出す音楽 シューベルトはさらに音色変化を加え繊細な表現へ歩を進めている これはロマン派の技法の先鞭となり メンデルスゾーンやシューマン音楽の先達となり フランス音楽へもその波は伝わることになる 繰り返し聴きたくなる演奏がここにある お聴きになっては如何    

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    sunny  |  兵庫県  |  不明  |  2013年04月10日

    ブロムシュテットは、真面目、菜食主義的で、余り面白い演奏を聴かせてくれない、と言うのが、私の印象だった。Denon 盤のブルックナー4番等、世間の評価とは対照的に、チェリビダッケ、スウィトナーを愛聴している私には、オケの美音に寄りかかっている凡庸な指揮者のレッテルを、貼っていた。少しはブロムシュテットの演奏でも、良さを感じて来た処で聴いたこの盤。このドヴォ8は、’74年の演奏、若々しく生気に満ち、カラヤンのウィーンフィル、デッカ盤に匹敵、マッケラス、フィルハーモニアの渋く、愛情一杯の演奏に劣らない、見事に熱く、感情込めた演奏に関心、見直しました。カペレの指揮者として、長年、指揮していたのも、ようやく納得。シューベルトは、聴きなれたアバド、ヨーロッパ室内管との違いに、あんぐり。この人らしく、勢いで流すことなく、ドレスデンの美音を、生かした生気と重厚感もある演奏。ルカの録音も良し。聴いて良かった。最近の録音も、聴いてみるか、という気になりました。。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    モーリス・ドビュッシー  |  茨城県  |  不明  |  2011年03月09日

    ドボ8が大好きなので,皆さんのレビューを見て購入・・・大当たりでした。この演奏内容でこの廉価とは!! @ブロムシュテットの誠実な人柄 Aこの曲の持つ独特の美しさ・素朴さ Bドレスデンの味わい深い音色と安心して聴ける技術の高さ これらの3つがこの奇跡とも言える演奏を生んだのだと思います。今まで知らなかったのが悔しい。ただ録音のせいなのでしょうか,全体の響きからソロ群がちょっと生々しく浮かび上がり過ぎるような箇所が何カ所かあって,ちょっと気にはなりましたが,この誠実で美しい演奏の前にはたいしたことではないですね。ところでこれ76年の録音ですよね?SACDにすると,どんな音がするのでしょう?シューベルトはそんなに聴いたことがない曲なのでコメントは控えさせて頂きます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    遊悠音詩人  |  埼玉県  |  不明  |  2010年05月07日

    ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン×Eterna=超名演名録音!これぞドヴォ8の最高傑作!徒に民族色を強調せず、しかし叙情豊かなニュアンスがこの上ないほどに生かされている。特に第2楽章。冒頭の弦楽合奏からして何たる瑞々しさ!鳥のさえずりを模したフルートと、それに続くクラリネットとの掛け合いが見事。第2主題ではペーター・ミリングによると思われるヴァイオリンのソロが絶品!その再現部における弦のふくよかさや管のまろやかさには言語を絶する。第3楽章もこれまた美しく、木管楽器の掛け合いや弦の刻み、なかんずくクルト・マーンと思しきオーボエが、実に叙情に溢れ、有機的で、人間味ある温かな響きになっている。終楽章も秀逸。金管がでしゃばる余り他の楽器が埋没してしまう演奏が多い中、全員一丸で築き上げるコーダが爽快だ。例えどんなに音が混み合おうとも、どんなに感情が高ぶろうとも、響きは常に見通しが良く、どの音も均質に鳴らされている。しかも無理矢理コントロールさせられているような窮屈さは微塵もなく、むしろ楽団員の自発性や誇りが手に取るように分かるのだ。これぞシュターツカペレ・ドレスデンの伝統であり、性格であり、音楽なのである。民俗性で押す演奏とも、はたまた国際派の解釈とも一線を画す、最高のドヴォルザークだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    てつ  |  千葉県  |  不明  |  2009年11月15日

    小生はこの曲が好きで、カラヤン(3種)セル(2種)ノイマン、クーベリック、ジュリーニ(シカゴの方)はたまたインバル等々聞きましたが、どうしてもこのディスクに手が伸びます。純音楽としてこの曲を過不足なく描き切り、かつ表現の幅が大きいのは驚嘆に値すると思います。第二楽章が白眉で一音一音にニュアンスが篭り、かつ伸びやかな旋律が聞けるのは素晴らしい。これだけのディスクなのに何故世評が低いのか、全く理解できません。ところで、サヴァリッシュのシューマンでも思ったのですが、なんでゾンダーマンだけこういうティンパニの音が出せるのでしょう?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ミツ  |  柏原市  |  不明  |  2009年02月16日

    ドボ8はクーベリックBPOが今も大好きで、他にセル、ノイマンやオーマンディ等も好きです。そんな自分にとって、このブロムシュテット盤は大穴でした。とにかくオケが素晴らしい。ブロムシュテットの表現もまた素晴らしい。霧の中で見る自然の儚い美しさを感じます。こんな演奏があまり知られていなかったとは(自分が知らなかっただけかも知れませんが)。シューベルトの6番はあまり今まで聴いていなかったのですが、いい曲だなと思いました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    味噌カツ  |  名古屋  |  不明  |  2008年08月07日

    なんでこんな名演なのに雑誌等で推薦盤にならないのだろう。私はカラヤンBPO(EMI)を愛聴しているが、やっとそれに並ぶCDに会えた。第1楽章なんかはブロムシュテットとしてはなかなかダイナミックな演奏と思うが、まろやかなSKDサウンドは重厚ながら透明感ありとても美しく、スピード感もあり実に爽快。終楽章の見通しの良い響きも独特で面白い。HMV評にもあるように第2楽章に関してはこれを超える演奏はそう無い。音質良好。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    波音  |  神奈川  |  不明  |  2008年05月25日

    限りなく美しい演奏であるが、残念なのは終楽章のホルンのトリルが抑制され過ぎている。あそこは、もっと雄叫びをあげて欲しかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    半世紀  |  千葉県  |  不明  |  2008年02月04日

    有名なこの曲は、セル盤やカラヤンVPO盤で聴いてきました。また、多くの70年〜80年代のライブにも接し、近頃は新しく購入しませんでした。ブロムシュテット盤を購入して、冒頭の心にしみる旋律の歌わせ方に感激。これを聴くと、他の多くの演奏はさらりと流してしまっていると感じさせられます。私 のこの曲のベスト盤になりました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    小生とか残念とかギャグなのか  |  岡山の老人福祉施設  |  不明  |  2007年12月11日

    セルやクーベリックに親しむと、ブロムシュテットが珍妙になるという理屈が理解できない。旋律の美しさ、そしてそれに耽溺しない指揮者の手腕には驚かされる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    oh  |  岡山  |  不明  |  2007年11月20日

    小生にとっては、「残念!」 確かにオケの卓越した技量は聞き取れるが、セルやクーベリックに親しんできた耳にはやはりどこか不自然さの方が耳につく。珍味な迷演奏か?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    hana  |  龍ヶ崎市  |  不明  |  2007年11月02日

    この曲の演奏で随一! 細部までよく練られた表現。響きもすばらしい。 

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    I&W  |  JAPAN  |  不明  |  2007年09月17日

    DVORAK;9’50/10’58/6’34/10’08=37’29 SCHUBERT;8’01/6’23/6’20/9’29=30’12

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    パパはマエストロ  |  北国  |  不明  |  2007年07月13日

    確かにこれはひたすらSKDの美しさを聴くべき演奏。この点だけは満足のいくCDでした。あとは好みの問題になりますが、ドボ8は私にはあまりに潔癖すぎて若干の違和感がぬぐえないのも事実。シューベルトにも少し厳しすぎるかと。これ偏にブロムシュテットの北方キリスト教徒的生真面目さの表れかと。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    まつ  |  山口  |  不明  |  2006年12月30日

    素晴らしい演奏です。ドレスデンの音色の素晴らしさは書き切れません。自然体の演奏で音楽が身体の中に沁みこんできます。この演奏がこの金額で良いの?と思いました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:33件中1件から15件まで表示