トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ビゼー(1838-1875) > 『カルメン』全曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル、レオンティーン・プライス、フランコ・コレッリ、他(1963 ステレオ)(2SACDシングルレイヤー)

ビゼー(1838-1875)

SACD 『カルメン』全曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル、レオンティーン・プライス、フランコ・コレッリ、他(1963 ステレオ)(2SACDシングルレイヤー)

『カルメン』全曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル、レオンティーン・プライス、フランコ・コレッリ、他(1963 ステレオ)(2SACDシングルレイヤー)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:21件中16件から21件まで表示

  • ★★★★★ 

    meji  |  横浜市  |  不明  |  2008年04月15日

    このDSDリマスターは実に素晴らしい!冒頭からリスニングルームがデッカの超リアルなソニックステージと化す様は、まさにSACDの醍醐味です。ユニバーサルのデッカアナログSACDが霞んで見えます。ユニバーサルにはBMGの爪の垢でも煎じて飲ませたい思いです。そしてまだDSDリマスタリングされていない、ウィルキンソンによる宝物のような名録音をSACD化してもらいたいものです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    kuniko89  |  愛知県豊橋市  |  不明  |  2008年04月12日

    オーケストラの威力抜群。すばらしい音質で堪能できる。歌手陣は、タイトロールのプライスの癖の強い歌唱、ミカエラと云うには、些かデシャバリ気味のフレーニと、女声陣に問題ありだが、明瞭で力強い歌声は惹き付けられる。また演奏も然る事ながら、ブックレット、外装ともに高級感があり満足。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    太郎  |  東京都  |  不明  |  2008年04月11日

    私も少年時代LPで愛聴していました。 発売日に入手して聴きました。演奏は思いで通りですが、とにかく音がいい。最新録音に勝るとも劣らない驚異的な音質の良さで、ほんとに感動しました。 こんなものが聴けるなんて長生きしてよかったです。このような形での復刻は大歓迎です。 はっきりいって安いですよ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    大阪  |  大阪  |  不明  |  2008年03月21日

    別にええやん。高いし、大変やけど、SP・LPの時代みたいに、何か「高嶺の花」的に見たらええやん。何かCDの世界にもそんなんあってもええやん。でもやっぱ高いわ。でも買うことにしたわ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    haru  |  奈良県  |  不明  |  2008年03月16日

    LP盤で愛聴していました。この10,500円という値段は高いと思いましたが、初回限定プレス、「別冊日本語解説書2冊つき」それぞれ100ページと136ページ、SACDリマスタリング、それらの著作料が入ってこの値段ということでしょうか。で、買うかといえば、・・・腕組みして考えてしまう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ボール犬  |  兵庫県  |  不明  |  2004年04月29日

    60年代のカラヤン・オペラは、音楽に勢いがあって自由さとノリがある。後年のオペラ録音は「壮大な映画」のような趣で、キマりにキマる劇的表現が圧倒的過ぎて少し疲れる。「楽しい歌芝居」の趣を求めるなら、この時代の録音がいい。このカルメンも、オケ、歌手、合唱共に自発性が感じられ、とても新鮮。精彩あふれる演奏。録音良好。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:21件中16件から21件まで表示