トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > チャイコフスキー(1840-1893) > 『白鳥の湖』 『くるみ割り人形』 『眠りの森の美女』全曲 プレヴィン&ロンドン響(6CD)

チャイコフスキー(1840-1893)

CD 『白鳥の湖』 『くるみ割り人形』 『眠りの森の美女』全曲 プレヴィン&ロンドン響(6CD)

『白鳥の湖』 『くるみ割り人形』 『眠りの森の美女』全曲 プレヴィン&ロンドン響(6CD)

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (16 件)
  • ★★★★☆ 
    (3 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:16件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    白文鳥  |  愛知県  |  不明  |  2021年07月22日

    初発売のLP時代から定評のある名演奏。プレヴィンという指揮者はその経歴が災いしてか、交響曲というジャンルでは評価が低く、オーケストラ曲、特に標題音楽やバレエ音楽などは高い評価を得ていたもので、この三大バレエなどはガーシュインなどと並んでその最たるもの。イダ・ヘンデルがソロを受け持つ「白鳥の湖」、曲自体が魅力ある「くるみ割り人形」はレコード時代からの愛聴盤。最新リマスターということに期待して当廉価boxを購入。レコードで聴いたときの第一印象があまりにも鮮烈だったので、それを超えることはないだろうと思いながら聴いてみると、いやはや現代の最新技術の成せる技に感嘆しました。プレヴィン最高傑作が更にひとつ上のステージに上がった感がある。もちろんプレヴィン自身は、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスの交響曲こそ最高傑作だと天国で思っていることだろうが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    birdmk  |  東京都  |  不明  |  2021年03月21日

     本サイトのキャンペーンにて割安になっていたので勢いで購入。3大バレエの組曲はいくつか聴いていたが、全曲は初めて聴けたのでこの安価に入手できて良かった。録音もセッションなのでライヴの雑音など無く良かった!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ハッチ  |  愛知県  |  不明  |  2021年03月12日

    チャイコの3大バレエの決定版。 プレヴィンのワーナーBOXに集約したが、 昔からチャイコのバレエ音楽はプレヴィン。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    せごびあ  |  愛知県  |  不明  |  2021年03月09日

    プレヴィンの演奏はあるべきものがあるべきところにあるようで、常に安心して聴くことができます。メルヘンとファンタジーに満ちているように聞こえる秘密がいまいちわからないのですが、色彩豊かな美しい音色づくりにあるのでしょうか?そんな演奏に思いました。素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Tan2  |  神奈川県  |  不明  |  2021年03月05日

    もともと定評のあるプレヴィンの3大バレエ全曲が、全部まとめたセットになってこの値段なら絶対に買いでしょう。全曲盤は「組曲」にはない様々な魅力があり、そもそも「バレエ」というストーリーを持った音楽なので、ストーリーの流れに沿って聴いてこそ真に楽しめます。  全曲盤を初めて聴く人にも安心してお勧めできる演奏です。  「白鳥の湖」はチャイコフスキー自身の初演版に基づいていますが、第19曲の後にいわゆる「チャイコフスキー・パドドゥ」とも呼ばれる追加曲(チャイコフスキーの遺品の中からシェバリーンが編曲してバランシンが振付けたもの)、第20曲の後に作曲者自身が初演のために追加した「ロシアの踊り」が挿入されています。ただし、一般のバレエ上演に使われる「プティパ/イワーノフ版」(チャイコフスキー没後に大幅に手を加えた蘇演版)とは異なります(ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管の全曲盤が「プティパ/イワーノフ版」です)。  また「くるみ割り人形」の「雪のワルツ」では、児童合唱ではなく女声合唱が使われています(個人的には児童合唱の方が好きですが)。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    クラシックファン  |  神奈川県  |  不明  |  2019年03月14日

    EMI盤のみ所有で、当該演奏を満足している方に、このワーナーによるリマスター盤、お勧めです。自分の場合は、EMI盤を所有していることをうっかり忘れ、このワーナー盤を購入してしまったのですが、音質別物?の様です。くすんでいた音が、かなり鮮明に聴こえます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    室長鉄男  |  新潟県  |  不明  |  2016年09月13日

    う〜ん 素晴らしい。今まではアンセルメ スイスロマンド の定番ものを聴いていたが、プレビンのこれらは。。。 特に白鳥の湖のヴァイオリンのソロ、なんとも言えない!。聴き終えると、手に汗が! 読書しながらサブシステムで聞いていたが、途中から聴き込んでしまった。1曲1曲が丁寧に”語られ”、もはやバレー音楽なのに交響詩的?かもしれぬ。ただオーディオリスナーには低音が多少薄いから少し物足りぬかもしれない。しかし、このチャイコフスキーのバレー音楽には ポンポンと出てくる軽低音がふさわしいと思うし(白鳥の湖 情景 など)再生装置の中音域の出来が試されると思う。バイオリンのソロや合奏の生々しさが聴けるはずだ。歪のない真空管アンプと、能率の高いバックロードホーンの組み合わせがよいかもしれぬ。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ハマのぶぅ〜ちん  |  神奈川県  |  不明  |  2014年04月19日

    ブラボー!!!バレエが好きな人にもオススメ。ストーリを思い出しながら聴いてもよし、演奏が早すぎないので違和感がありません。3曲揃っているのはうれしい。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ムサイシス  |  三重県  |  不明  |  2014年03月17日

    プレヴィン&ロンドン響が好き 安いのがいい 全体的に高水準な演奏 ロンドン響は管弦楽曲が上手というか合っていると思う 録音の鮮明度がちょっと足りないがアナログ感があっていいとも言える 落ち着いたテンポ もうちょっとデュナーミクにメリハリがある方がいいかも アゴーギクが上手 音の立ち上がりや粒がもうちょっとはっきりしたほうがいいと思う(録音のせいかも) 名演の一つだと思う 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    silver  |  東京都  |  不明  |  2010年12月23日

    チャイコの三大バレエの基本中の基本の全曲CD。まずはここから。 プレヴィン、ホントにこういうの振らせると上手い!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    やまC?  |  京都府  |  不明  |  2010年11月27日

    紳士が真摯な音楽! GJ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2010年10月01日

    敵同士じゃあるまいに、ボイニングとは白鳥も人形も、全く同じ年に全曲録音が行われた。日本なら談合と邪推するところだが、欧州の感覚では「決闘」なんだろう。一つ大きく違ったのが美女。ボイニングは77年の録音。録音では3年の差が出たのに、CDの発売はぴったり同じ90年。それもボイニングが4ヶ月ばかり先行、危うく買うところだった。遅れて出たプレヴェン盤は少し安かったこともあり(それでも国内盤は6900円)、一件落着。しかし買ってみてびっくり。幻想的な雰囲気から、動感あふれる第3幕まで、変化に富んだ内容を実に見事に振り分けていて、文句のつけどころなし。人形はデジタル再録の全集から20曲が選ばれた国内盤を買った。吉田日出子のナレーションも悪くはないのだが、「お子様向け」の雰囲気もあり、あまり聴く機会はなかった。白鳥のボイニングは鈍重すぎアウト(バレエ全集でゲット)。  未聴の一枚だけに期待感大。  ただ評価は、手持ちの美女でのもの。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    北の火薬庫  |  北海道  |  不明  |  2008年01月11日

    70年代LSOの管楽器のうまさを堪能できるBOX。リズム感でロシアのオケに負けがちであるが、緩急自在のテンポコントロールで乗り切るうまさがプレヴィンにはある。バレエの情景が浮かぶかと言われないよう交響的全曲演奏ということで乗り切っている。10年ほどのズレがあるが、同じ非ロシアで比べると、小澤の一連の録音がある。小澤の美学をもってしてもプレヴィンが優秀に聞こえるのは、純音楽以外の感性の問題なのだろうか?小澤ファンとして残念。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    はな  |  東京  |  不明  |  2008年01月10日

    チャイコフスキーと云うとなにか「初心者」向きと考えがちですが彼のメロディー及びスコアーとを見ますとその繊細さ、音楽史的に実はこの様な作曲家もいないと思います。プレヴェィ氏はもともとジャズの素晴らしいプレイヤーでした。その彼が生き生きとチャイコフスキーで名演を残すのはほんとうに素晴らしい。価格もこれでよいのか? と思うほどリーズナルなもです。彼のチャイイコフスキーを聴いて見て下い。 素晴らしいですよ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    LSO  |  神奈川  |  不明  |  2006年03月18日

    3大バレエ全曲といえば、このプレビン/LSO演奏録音に尽きる。プレビンのセンスとLSOのマッシブな音の洪水に酔い痴れることができます。後に、RPOと再録音した曲もあるが、比較にならないほどこちらの方が断然素晴らしい。永遠に残る名盤。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:16件中1件から15件まで表示