The Beatles

CD With The Beatles

With The Beatles

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:38件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    the_who  |  東京都  |  不明  |  2009年07月05日

    レヴューを書かれていらっしゃる方。何か忘れていません?実はこの盤は後のポピュラーミュージックシーンを変える革新的なことがなされていることを。プロデユーサ、G・マーティーンは一曲の楽曲でボーカルを多重録音することによってより、つまり、録音するさい、メインボーカルが歌いそれでそのままというポピュラーミュージクの録音方法に対し、「同じ声」ながらトラックダウンでさらに同じシンガーがメイントラックを歌いミックスするとよりひろがりをもたせることができる。現に今の日本のミュージシャンですらこの方法をとっているのです。これだけでもこの盤のポピュラーミュージック史上歴史燦然たる価値を持っています。「ビートルズはここからはじまった・・・」といわれるゆえんです。この盤をファーストアルバムと聴き比べてなにか違うと思わせるのは思うのはここには新たで革新的こころみがおこなわれていたからです。(ちなみに、PCのおかげで素人でも多重録音ができるようになりましたが、まず、自分の歌唱をいれ、さらに、さらにそこに自分の歌唱を加えミックスしてみてください・・・歌唱に豊かさが加わっているのに驚くでしょう)この盤はのちのレコーデイングに影響を与えたと知りビートルズがなぜ革新的だったか(もちろんG・マーチンの力が多いにせよ)後の録音という部分で影響をおよぼしたというてんでははSGT以上の影響を与えた。まさに、エポックメイキングな作品なのです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    rocket-88  |  東京都  |  不明  |  2008年01月27日

    ジャケット同様に『黒い』アルバム。非常にR&B指向の強い作品である。ジョージの初オリジナルも収録。シングル曲を収録しておらず地味な印象だが佳作も多い。ポールの「オール・マイ・ラヴィング」は名曲であるし、カバーでも「プリーズ・ミスター・ポストマン」や「マネー」で魅せるジョンの最高のパフォーマンスもまた素晴らしい。「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」のジョージが奏でるグレッチや、「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」を歌うリンゴも味がある。個人的に一番好きなアルバムでもある。「ノット・ア・セカンド・タイム」は地味ながら味わい深い曲。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    sman  |  大阪府  |  不明  |  2009年11月12日

    13作品中、なぜか比較的に聴く機会が少なかった作品でしたが、今回のリマスターを機会に聴き込んでいます。M12,13など、今まで、モノラルの方が優れていると個人的には思っていた曲が、大変に気持ちよく聴けます。左右の音のバランスが相当に改善されたのではないでしょうか。 又、↓録音技術上の革新、という背景もさることながら、まだ疲労とか切迫した緊張感を感じさせない時期の、勢いと適度なゆとりがある演奏が実に魅力的だと思います。 それと今更ながら、名曲揃いです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    johnbach  |  東京都  |  不明  |  2013年08月06日

    ビートルズのセカンドアルバムだが、ファーストアルバムのプリーズ・プリーズ・ミーがまだ売れつずけていたので、勢いが落ち着くまでリリースを遅らせたというアルバム。予約だけでも30万枚の注文があり、初登場第1位、22週連続1位で先のプリーズ・プリーズ・ミーと合わせると、1年間アルバムチャートの1位をビートルズが独占していた(国内盤ライナーノーツ)と言うからまさに驚異的。そしてこのアルバムの持つ魅力はとてつもなく大きい。1曲めのイット・ウォント・ビー・ロングから始まりマネーで終わる14のナンバーはみんないい曲で、わたしは大好き。ポールの歌うオール・マイ・ラビィング、ティル・ゼア・ウォズ・ユー、もう、言うことない素晴らしさ。ジョンの歌うイット・ウォント・ビー・ロング、ナット・ア・セカンド・タイム、もう最高。ジョージのデビル・イン・ハー・ハート、リンゴのアイ・ウォナ・ビー・ユア・マン、これも素晴らしいですね。でも、一番よく聞くのはプリーズ・ミスター・ポストマンで、ジョンの絶叫がたまりません。ユーチューブで見たオリジナルのマーベレッツよりはるかに素晴らしい。もう、別の曲のようです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    やま  |  岡山県  |  不明  |  2009年05月19日

    前作の延長。オリジナル曲も8曲。過密スケジュールの為かあまり佳曲はない。M-3は名曲。ジャケットはビートルズの一つのイメージとなったモノで秀逸。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    アタクシア  |  大阪府  |  不明  |  2005年07月04日

    ジョージのビートルズでの曲といえば確かに『I Need You』とは思いますが、私はこのアルバムの『Don't Bother Me』も結構好きです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    梅干  |  群馬県  |  不明  |  2004年05月03日

    なんといってもプリーズミスターポストマンが最高です。この曲でビートルズを知りました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    3rdwind  |  東京都  |  不明  |  2021年07月23日

    イギリスでの2作目のオリジナル・アルバム、1963年11月に発売された。 デビュー・アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」に入れ替わって全英チャート1位を22週独走したモンスターアルバム。 オール・マイ・ラヴィング はじめポップで忘れられないメロディの曲が多い。 ポールの甘い「ティル・ゼア・ウォズ・ユー 」やライブで盛りあがる「ロール・オーバー・ベートーヴェン 」などなど。 また、ロックだけでなく当時のソウルも好きだったなぁと感じる「ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー 」(ミラクルズ)あたりにも、ビートルズのルーツを感じたりした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    えっじ  |  兵庫県  |  不明  |  2021年07月20日

    カバー曲が多いのであまり聴かなかった。そんな中でも、13は良いと思う。有名なのは3だけど赤盤で聴けるしね。でも、ジャケット写真はカッコいい。センスいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    curtom  |  静岡県  |  不明  |  2021年03月10日

    The BeatlesのWith The Beatlesは1963年発表の通算2枚目のアルバム。1曲目のIt won’t be longから始まり、最後のバレットストロングのカバー、Moneyまで初期のビートルズサウンドが聞ける。特におススメなのはAll My Loving。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    kam  |  大阪府  |  不明  |  2021年02月27日

    シンプルですがいいアルバムです。リマスターがやや低音重視なので旧CDの方がいい可能性もありますが、好みの問題になります。個人的にはジョージが三曲もボーカルを取っているのが嬉しいです。隠れた名曲もたくさんあり、初期の元気なビートルズが好きな方は必聴です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    少年H  |  大阪府  |  不明  |  2021年02月27日

    ビートルズの2ndアルバムになります。 数々のヒット曲を飛ばしてきた彼らですが、珍しくこのアルバムには超有名曲は収録されていません。 が!!それでこのアルバムが駄作というわけではない!! 初期ビートルズの最高傑作といっても過言ではない粒の揃った作品達が収録されてます。 彼らの得意なロックンロールを軸をグッドメロディをたくさん聴かせてくれます。 AllMyLovingなどの自作曲はもちろんチャックベリーなどのカバー曲も素晴らしい出来です。   このアルバム以降、彼らはアイドル路線へと変更を強いられていくことになります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Peaceful World  |  福島県  |  不明  |  2013年08月07日

    当時チャート1位だった1stアルバム”PleasePleaseMe”を自らの2ndアルバムで引きずり下ろした若さいっぱいの作品。元気になれる曲が多く”中でもAllMyLoving”は名曲中の名曲です。ただ、ライブ演奏時のようにバッキングボーカルをGeorgeにまかせた方がより味が出たのではないか?と思うのはわたしだけでしょうか?高いレベルでの注文なんですけどね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    だいはや  |  神奈川県  |  不明  |  2013年03月02日

    いいですねー。この頃のビートルズは音が硬くてリマスターに最適です。ジョージのギターや、ポールのベースがモロに聴こえます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    pekopapa  |  埼玉県  |  不明  |  2012年10月28日

    初期のビートルズを聴いていると何かほっとするというか、懐かしい感じがあるね。独特な雰囲気を持っているよね。個人的には後期の方が好きだけど、初期もなかなか良い。若いし、エネルギッシュさを感じる。ジョンもこの頃はノリノリだったしね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:38件中1件から15件まで表示