トップ > My ページ > 今も昔もただの人 さんのレビュー一覧

今も昔もただの人 さんのレビュー一覧 

検索結果:294件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/01/08

    このボックスは名演揃いです。曲そのものも素晴らしいことは言うに及ばず。宝ですね。ドヴォルザーク、シューマンもいいけど、サン=サーンスや大公トリオは余韻が長く続きます。うっとりさせられる小品を始めジャンルが多岐にわたっていて楽しいてす。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/12/30

    ワルターは大好きな指揮者なんで、悪いレビューは述べたくないけど、この7番はしっくりこなかった。後半の二つの楽章はいいのだが、うるさ過ぎる。特にアダージョでは、しっとりと美しさをより求めたかった。個人の感想なので悪しからず。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/12/24

    全曲が素晴らしい。録音も素晴らしい。ヤンソンスとこのオケによるシベリウスの第1交響曲を聴いて、正直なところさほど良いとは思わなかった。だから、このベートーヴェンも半信半疑であったが、どうしてどうして数ある全集の中でも出色なものと驚いた。どなたかのレビューにあるとおり、古い録音の名演も良いが、この全集をこれからも聴き続けようと思った。この名演の要因は、ヤンソンスではなく、オケの素晴らしさにあると思うのは拙速だろうか。バイエルン放送交響楽団の各セクションのなんと上手いことか!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/12/16

    ドヴォルザークは低弦を十分に歌わせた聞き応え満点の見事なものでした。独特なフレージングもところどころにあって、ユニークさも感じられた。これはいい!私のCDは幸か不幸か併録がシューマンの第4番でして、第2楽章がスロー過ぎて違和感を感じたが、力演でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/12/14

    ウィーンフィルの妖艶な響きとパンチが効いたラヴェルに魅せられました。選曲もいい。賛否が分かれるボレロは、ハッとする面白さに私はノリノリ。もっと遅くしても良かったんでないかな。録音も良く、素晴らしいアルバムだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/12/07

    この第1番、なかなか気に入った演奏に出会えなかった。ヤンソンスも然り。綺麗にまとめ過ぎていて、しっくりこなかった。あえて、旧録音の本盤を聴いてみた。いいじゃないか!決して名曲とは言えないのだが、聴き終えてそう思った。併録の2曲もいい。第1番はオーマンディのモノーラル盤も忘れ難い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/11/10

    聴き慣れない曲もありましたが、心地よく、十分に楽しめました。録音は素晴らしく良い。楽器の奏でる美しさは、この上もない。あえて、指摘させていただくと、レクイエムでの少年による独唱には心が洗われ、こうした設定も良いものだと感心してしまった。デムスのピアノもお見事です。交響曲は宮殿で聴いているようだと、その響きで勝手に思い込んでしまいました。内容豊かな良いボックスです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/10/29

    ちょっと病的な第2番、何が良いのかさっぱりわからない第3番、そんな中で、好きな第1番と第4番がカップリングされた理想のCDだ。で、聴いてみて、これも良かった。やや録音の古さを感じないわけではないが、それは致し方ないこと。はつらつとした面とじっくりと歌わせる面が見事。クレンペラーと双璧と思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/10/28

    このCDを聴いて、曲の素晴らしさ改めて実感させられた。R.シュトラウスの作品には、なんだかさっぱりわからないといったものもあるが、この二曲は実にいい。そして、カラヤン&ベルリン・フィルはやっぱり私が生きた時代において、最高かつ最強のカップルであると痛感した。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/10/25

    颯爽とした音楽の中、少しじっくりと旋律を楽しみたいという気持ちもあった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/10/15

    これほど素晴らしい「死と変容」は聴いたことがない。たとえブラ4が癖に満ちて、ややヘキヘキとさせられようが、たとえロッシーニがつまらない出来であったとしても、この「死と変容」がある以上、このCDは永遠に手元に残る。ピチカートポルカも予想外に良かった。気に入った2曲で星を付けます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/10/08

    高評価のレビューが多かったので、興味が湧きHMVさんから中古で購入しました。名演が多くある中で、レビューどおりその一角に食い込む素晴らしいものでした。録音も良く、心から楽しめました。ただし、第6番だけは意表を突かれました。第1楽章はやる気のない一面がうかがわれ、リズムの切れも悪い。これはどうしたことかと心配しました。しかし、第2楽章から次第に立ち直り、嵐での激しさや牧歌での美しさにうっとりとさせられて、これはこれで結果オーライでした。したがって、面白さもあって満足しました。大好きな60年代のカラヤンによる全集とともに愛聴盤になりました。アーノンクールは、あまり好きな指揮者でなかったのてすがね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/09/08

    素晴らしい作品に見合う素晴らしい演奏が多くある中でも出色の名演だと思いました。メリハリを効かせながら、独唱陣や合唱団も充実しており、堪能できました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/09/06

    時に重苦しさを感じることもあるリヒターによるバッハの演奏の中で、これは素晴らしい。相変わらずどっしりとした音楽作りではあるが、重苦しさというものではなく、スピーディーと相まって聴きごたえのある名演となっている。こういうのって好きだなぁ。収録されていない第5番はポピュラー過ぎていてなくても差し支えない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/08/31

    これは素晴らしい。思わずエキサイティングしてしまう。マゼールの残した遺産の中でも特に傑出したものと言える。こういう音楽を聴く喜びを味わえて麒麟の一番搾りのCMではないけれど......幸せ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:294件中1件から15件まで表示