トップ > My ページ > UG さんのレビュー一覧

UG さんのレビュー一覧 

検索結果:167件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    不可抗力により生き辛い人生と自らが起こした行動による自責の念により生き辛い人生。どんな行動を起こしどんな生き方を選ぶかは個人次第。 しかし自分の属する集団が他者を差別することによってしか結束や安定を得ることが出来ず、個人は埋没していくしかない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    演技達者が集まったことでリアル感が凄い。特に店側の2名の演技には魅了された。見知らぬ者同士の距離感が繊細に描かれていく展開に飽きる間も無く見入ってしまう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/19

    この役を引き受けたことで以降の舘ひろしの演技の幅がひろがり「終わった人」での映画賞受賞に繋がっていく。キャリアにとって重要な作品のひとつ。勿論ガッキーの魅力は言うまでもない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/17

    初DVD化されてから価格的に手が出ないままずっと頭の片隅にあった商品がついに廉価版として再発。購入しない理由が見当たらない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/16

    蟹江敬三と永ちゃんのポスターが印象に残った作品。スラムが色濃く残る70年代の町並みが興味深い。原作も読んでみたいと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/16

    ”仁義なき戦い”とあるものの一連のシリーズものとは一線を画す青春ものとも言える作品。出演シーンの多い松方弘樹、成田三樹夫、小池朝雄の他に金子信雄、山城新伍等が顔を見せることでシリーズの世界観を維持しようとしているのもご愛嬌。主役トリオの魅力(衣装等の単純な格好良さも含め)が弱いのが残念。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/15

    他書からの引用が多かったり出演作品のあらすじが長々と記述されていたりということなどから一見したボリュームほど内容は充実したものではない。勿論、初めて知る事実や逸話は大変興味深い(特に後半に登場する取材対象の方々)ものがあってファンとしては楽しめるものの、タイトルにある『天才と狂気』が故に共感出来る部分は凡人には皆無でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    当時誕生日ごとに発売していた企画アルバムの第1弾。「純粋無垢と透明感とはこの作品のことです」という感じ。ジャケット写真だけでも手もとに置いておく価値あり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    北海道の大自然の四季とともにオムニバス形式で描かれる人間模様。個人的には最初の若い男女のストーリーが好きだ。全編を通して顔を見せる住民や常連客を演じる出演者がみんないい味出している。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    原田知世が大人への階段を登ろうとする役どころが少し無理してる感あり。しかしそれも含めて当時の原田知世の初々しさを鑑賞すべきだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    珍しく毎週チェックしていたドラマでした。これでもかとミスリードさせる小ネタ満載で拍子抜けの展開もありましたが...それだけに何度も見返して伏線回収の確認するのも円盤購入の楽しみではないかと。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    一生を賭けられる仕事、使命そして夢に巡り会えることこそが幸運でありそれに気付くことが才能なんだと思う。先の見えた大人には辛い各人からの語りかけかも?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/10

    内容は出版社にて独自編集されており私が読みたかったエッセイは残念ながら掲載されておらず。やはり古本で「破壊せよ、とアイラーは言った」「バッファロー・ソルジャー」を探そう。高値でダメージ品は見かけるのでのんびり安価で美品を...。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/07

    とにかく映画と小説を同時に宣伝すべくCM攻勢が凄かった記憶が...主人公が突出して目立たないことでストーリーに入り込んで作品を楽しめる。その他作品を含め角川映画の功績は多大。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/07

    当然ながら松田優作とその周辺の人々に興味が無いとなかなか辛いかも?逆にファンにとってはクラブの客の1人となりバーボンを傾けて一緒に追悼することが出来る。親しかった人達の貴重なインタビューも併録。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:167件中1件から15件まで表示