トップ > My ページ > 紳 さんのレビュー一覧

紳 さんのレビュー一覧 

検索結果:88件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/04

    有名なボリス・カーロフの演じたフランケンシュタインとは姿がぜんぜん違う。初見の時は少々戸惑った。だが寒気を覚えるような気味悪さ、グロテスクさではこちらのほうが数段上だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/04

    イギリス、ハマー・プロのドラキュラシリーズ一作目。続編が何本も作られただけあって、相当出来が良くて怖い。独特の気持ち悪い色彩が効果的。ベラ・ルゴシの「魔人ドラキュラ」よりこちらの方が恐ろしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/04

    1920年代の作品だが、初見の時は壮大さとスタイリッシュな映像に本当に驚いた。サイレント映画期に、映画芸術はかなりの部分完成していた事がわかる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/04

    主人公すず役、のんの演技がちょっとオトボケ気味で絶妙。映像、演出、コトリンゴの音楽もとても良い。もっと評価されて良い作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/04

    あまり期待していなかったが素晴らしい出来でびっくり。昭和30年代の風景、空気感が見事に表現されている。片渕須直監督の作品がもっと観たい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/04

    ハリーハウゼンのダイナメーションの円熟度がすばらしい。クライマックスのカーリー像との戦いもいいが、序盤の船首像の動きが不気味でたまらない。ヒロインのキャロライン・マンローも色っぽくてイイ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    平成シリーズの中ではいちばん好き。平成シリーズ最大の不満点は怪獣たちが生き物に見えないこと。この作品では特にバラゴンがちゃんと生き物に見えた。企画段階で守護聖獣はバラゴン、アンギラス、バランだったという…そっちの方が観たかった!四つ足が多すぎるけど。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    昭和ゴジラから全部観てるけど、この作品はエンタメてんこ盛りで平成の中ではかなり好き。こういうノリもアリという幅の広さがゴジラシリーズの魅力だと思うようになった。モンスターXはいらなかったなあとか、ヘドラ様はもうちょっと活躍させんかい!というのが2大不満点。ファイナルなんて言わず、永遠にゴジラをネタにいろんな作品作りましょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    特撮映画としての出来は前作「怪獣大戦争」からかなり落ちるのは間違いない。封切り時は相当がっかりした記憶がある。しかしゴジラの「顔」はこの作品のが好き。南の島で気持ちよく眠ってたのに、無理矢理起こされて、不機嫌!みたいなやんちゃな感じがいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    封切り時に劇場で観た。小4くらいだったはず。円谷英二が亡くなった喪失感と、この作品が持つ禍々しいムードがリンクしてどうしようもなく絶望的な気分になった。その当時公害はもう後戻りのできない、すぐそこにある恐怖だった。そんな時代の気分が、しっかりとフィルムに焼き付けられている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    ゴジラがシェーをするとは何事か、と初代ゴジラ至上主義者からは嫌われる本作ですが、私は好き。円谷特撮として観るとこの作品や「サンダ対ガイラ」がピークでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    オッサン世代ですが、子どもの頃、「いちばん怖かった映画は?」みたいな話になると、「マタンゴ」と「ゴケミドロ」が双璧だった。大人になってあらためて考えると、名作なのは「マタンゴ」だけど、救いのない絶望部門では本作が一等賞でいいと思う。映画としての作りがあちこち粗いので、星は4つで。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    子どもの頃、街に貼られたこの映画のポスターの前で気味が悪くて立ちすくんでしまった。大人になってから鑑賞したが、こんなにイヤな感じの、悪夢的な雰囲気に満ちた映画は稀少だと思う。観終えたあと「ああ映画でよかった」と胸をなでおろす。とびきりのカルト作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    気持ち悪ーい怖さが作品内に充満している。新東宝のゲテモノ映画にも通じるカルト的な雰囲気が大好き。ラストに出てくるミニチュアによる“窓から見えるネオン街”が不気味な雰囲気を醸し出している。マタンゴの笑い声は後にバルタン星人に転用されている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/29

    特撮は控えめだが、ドラマ部分が重厚でとても出来がいい。ある種の犯罪映画だが、ラストの絶望感はかなりのもの。円谷英二よりも本多猪四郎の代表作と言えるのではないか。宮内國郎が音楽を担当しているのが珍しい。何曲かは「ウルトラQ」「ウルトラマン」に転用されている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:88件中1件から15件まで表示